なでしこ杉田妃和が2戦連発でアピール 豪快左足ボレー

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/06/10

<国際親善試合:日本8-0ウクライナ>◇10日◇Eスタ

なでしこジャパンのMF杉田妃和(24=INAC神戸)が2試合連続となるゴールを決めた。

後半22分から途中出場し、5-0の同35分、左CKからのこぼれ球を左足でボレーシュート。ゴールネットを揺らした。

7-0で勝った4月11日の国際親善試合パナマ戦に続く2試合連続弾で、国際Aマッチ通算2点目。「攻撃ではゴールを狙っている。そういうのが結果に出て良かった」。短い出場時間でもアピールした。

中2日でメキシコ戦(13日、栃木)が控える。「いいところを、出た選手が思いきり出せるようなプレーが多くあればいい。次の試合へ、いい準備をしっかりしていきたい」と見据えていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加