【KNOCK OUT】大谷翔司「自分みたいな地味で泥臭い選手が、格上の選手を倒して這い上がっていくストーリーを見ている人に伝えられたら」

【KNOCK OUT】大谷翔司「自分みたいな地味で泥臭い選手が、格上の選手を倒して這い上がっていくストーリーを見ている人に伝えられたら」

  • ゴング格闘技
  • 更新日:2021/04/09
No image

2021年4月25日(日)東京・後楽園ホール『KNOCK OUT 2021 vol.2』にて、王者バズーカ巧樹(菅原道場)にKNOCK OUT-BLACKライト級タイトルマッチで挑む大谷翔司(スクランブル渋谷)のインタビューが主催者を通して届いた。

大谷は陸上自衛隊出身。2016年にデビューし、2019年1月にはREBELS-MUAYTHAIライト級タイトルへの挑戦を経験(ドロー)。他団体の王者クラスと試合経験を積み、2020年8月にはJAPAN KICKBOXING INNOVATIONで紀州のマルちゃんを破り、INNOVATIONライト級王座に就いた。そして12月にバズーカとノンタイトルマッチで対戦し、3Rに右フックでダウンを奪って判定2-0(29-28、28-28、28-27)で勝利を収めている。

試合のプラン、ベルトへの思い、そしてその先のビジョンを語ってもらった。

相手の状態をしっかり見極めてとどめを刺せるようにしたい

──前回バズーカ選手に勝ったことで、タイトルマッチで再戦することになりました。まず前回の対戦を振り返ると?

「結果的には勝てたんですけど、本当にただ勝ったというだけで。内容を見返しても、1Rから相手にコントロールされていたので、自分の中では勝ったという感じはあまりしてないですね」

──そうですか。試合中から「コントロールされている」という意識だったんでしょうか。

「そうですね。足技がうまいなというか、ポンポン出してきて足数が多くて、今までの相手にはなかったタイプでしたね」

No image

──ただ、後半に行くに従ってプレッシャーもかけていたように見えましたし、実際ダウンも奪いましたよね。

「でもあそこで倒し切れるようでないと、今後チャンピオンになった時にKNOCK OUTを背負っていけるような選手にはなれないと思うので。一見、前に出てるようには見えるんですけど、グチャグチャになってそのまま勝ち逃げできればいいなという下心が少し出ちゃったので、落ち着いて相手の攻撃とか状態を見極めて倒し切るというのが今回の課題です」

──実際に対戦してみたバズーカ選手の強さや攻撃力などはどう感じましたか?

「想像通りでしたね。今まで63kgでやっていたので多少の大きさは感じたんですけど、想定の範囲内だったので、やってみても怖さはなかったです」

──事実として1回勝っているわけですが、それは今回、気持ちの上でどういう影響がありますか?

「前回は練習の時から『格上のバズーカ選手を倒してやろう』というモチベーションでやってましたけど、それが今回はただ『ベルトを獲る』という目的に変わっただけで、相手が誰とかは考えてないです。『1回勝った』ということは忘れるように周りからも釘を刺されてますし、自分でも、前に勝ったからどうこうというのは考えないようにしています。やることは、誰が相手でも一緒という感じですね」

──では今回のテーマは「倒し切る」ということ?

「そうですね、倒したいです。でも、KOを狙いすぎるといい動きにならないので、流れの中で相手の状態をしっかり見極めてとどめを刺せるようにしたいです。畳みかけるところでしっかりまとめたいです」

──そこで「倒し切るための武器」というと……。

「やっぱり得意なのは右なんですけど、最近は倒せる武器を増やしたいなと思って、左フックとかも意識して練習しています。なのでちょっとずつですけど、自信はついていってる感じですかね」

No image

──ここまで、傍目には「フィジカルの強さで押し勝つ」イメージがありますが。

「フィジカルにはもともと自信があるんですけど、練習では別の戦い方もできるんですよ。単純に、それが出し切れていないというか。今までの試合ではよくても練習の5割ぐらいしか出せたことがないんですね。そこが一番の課題かなと思ってるんですけど、そういうテクニックも出せるように、これからもっと成長していきたいと思ってます。それが出せれば、勝てない選手はそんなにいないと思っているので」

──出せていない理由というのは?

「今までは経験も少なくて、試合になると焦っちゃう場面が多かったですね。いい攻撃をもらったら『取り返さなきゃ!』と焦っちゃうのがダメだなと思ったので、入場の時から平常心を意識してリングに上がりたいと思ってます」

No image

──これまでは、焦ってグチャグチャになっても何とか押し返せてはいたと。

「そうですね。今まではそれでいけたかもしれないですけど、トップレベルの相手になってくると、全てがパーフェクトに近くなければ勝てないと思うので、フィジカル、メンタル、テクニック全てを、トップレベルに上げられるように頑張りたいです」

──そういう点で、理想像というか、目指す存在みたいなものはありますか?

「格闘技を始める前、学生時代によく見ていたのが、アーネスト・ホーストなんですよ。そこにちょっと影響されてるのかなというのはありますね。あの当時は、自分がキックボクシングでプロになるなんて思ってなかったですけど、今も無意識にそこを目指してるなということに、最近気づきました」

──ミスター・パーフェクトですか。

「そうなりたいですね(笑)。ホーストはいろんなところに攻撃を散らして、最終的に倒すというスタイルですよね。最初からドカン! と打って倒すのではなくて、削って削って倒すというのがカッコいいなと思いますね。今はまだ全然ですけど、一つ自分のスタイルというものを確立したいです」

今度は言い訳できないような勝ち方をして、僕がベルトをいただく

──ここで勝てばチャンピオンです。ベルトについてはどんな思いがありますか?

「ベタな言葉かもしれないですけど、KNOCK OUTのチャンピオンになって、夢や希望を与えられる選手になりたいなと思ってるんですね。自分みたいな地味で泥臭い選手が、格上の選手をどんどん倒して這い上がっていくストーリーというのを、見ている人に伝えられたらと思っています。ベルトはそのためにも必要だし、チャンピオンとして団体を問わずいろんな強い選手ともやってみたいと思っているので、このベルトがそのための切符になるのかなと」

No image

──「チャンピオンになる」ということは、キックボクシングを始めた頃から目指していたものですか?

「もちろん目指してたんですけど、目の前の敵に集中してやってきた結果、今があるという感じですかね。先のプランはある程度あるにせよ、途中でダメな時期もあって、心が折れそうになる時もあったんですよ。それも越えて、やっとここまで来たかという感じです」

──ここに至る道のりで、実感として一番成長できた点というのは、どういうところですか?

「2~3年前ぐらいから『どうやったら勝てるのか』ということを考えて、生活から見直すようになりました。食べるものも変えたり可能な中でやれることは全部やって、それぐらいの時期から負けないようになったんですよ。練習に対するモチベーションもすごく高くなっているし、そこが一番変わった点だと思います」

──意識から変わったということですね。ここまで、所属するスクランブル渋谷の増田博正会長からはどんなことを言われていますか?

「基本的に誉められることはほとんどなくて、常に厳しい言葉をかけていただいてます。僕が慢心しないように、いつも『こんなもんじゃないぞ』って釘を刺してくれていますね。最近一番言われているのは、『絶対油断するなよ』ということですね」

No image

──冒頭で、「KNOCK OUTを背負っていく」という言葉がありました。そういう気持ちも強い?

「はい。KNOCK OUTのチャンピオンとして、他団体のチャンピオンもどんどん倒していけるようになりたいです。自分は今年30歳になって、勢いで言うと10代とか20代前半の選手たちの方があると思うんですけど、ちょっと見方が違うというか。僕が30歳でKNOCK OUTのタイトルを獲って、ここからスターに駆け上がっていくストーリーを見せたいですね。それが見てる人にとって夢とか希望になると思うので。『30歳からでもこんなにできるんだ』というところを見せたいです」

──改めて、今回の試合で一番見てもらいたいところは?

「やっぱり、ベルトに対する気持ちですかね。バズーカ選手もリベンジマッチで防衛戦ということで、負けられない試合ですよね。それと、僕のベルトに対する気持ちのぶつかり合いになると思います」

──そのぶつかり合いに負けない自信がある?

「カード発表会見でも、『集中力が切れた』とかって言い訳してたじゃないですか。そういうヤツにベルトを巻かせたままではいさせられないというか。今度は言い訳できないような勝ち方をして、僕がベルトをいただきます」

──分かりました。ありがとうございました!

ゴング格闘技

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加