「盗むために店に入った」事後強盗 飲食店で200万円相当の腕時計盗む 50歳男逮捕 店員は軽いけが【長野・松本市】

  • テレビ信州NEWS
  • 更新日:2023/01/25

1月5日に松本市の飲食店で現金や腕時計を盗み、逃げたあとに従業員に暴行を加えた事後強盗などの疑いで、50歳の男が逮捕されました。

事後強盗などの疑いで逮捕されたのは、住所不定・無職の岩本功一容疑者50歳です。

岩本容疑者は1月5日の午前1時ごろ、松本市波田にある飲食店に侵入して現金およそ21万円と時価200万円相当の腕時計1本を盗み、犯行を目撃した男性店員に刃物のようなものを振り上げて軽いけがをさせた疑いです。

警察は防犯カメラの映像や目撃情報などから岩本容疑者の犯行を特定し、愛知県内で身柄を確保したということです。

岩本容疑者は「盗むために店に入った」と容疑を認めていてさらに「持っていたドライバーを振り上げた」とも話しているということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加