Snow Man目黒蓮『教場』で木村拓哉と初共演 SMAPの曲で救われた過去「感慨深い」

Snow Man目黒蓮『教場』で木村拓哉と初共演 SMAPの曲で救われた過去「感慨深い」

  • マイナビニュース
  • 更新日:2020/10/18
No image

アイドルグループ・Snow Manの目黒蓮が、フジテレビ系スペシャルドラマ『教場2』(仮題、2021年新春 2夜連続放送)に出演することが18日、明らかになった。ジャニーズ事務所の先輩である主演・木村拓哉と初共演となる。

木村拓哉『教場2』生徒役未発表3人のシルエット公開 早くも予想合戦

木村が警察学校“最恐”の教官・風間公親を演じる同ドラマは、警察学校という密室を舞台に、生徒たちの抱えるさまざまな葛藤や秘密が渦巻き、次々と巻き起こる事件を乗り越え、卒業していくまでを描くもの。目黒が演じるのは、風間の生徒で、冷静な観察眼を持ち、警察一家に生まれた杣利希斗(そま・りきと)だ。

ゴールデン帯のドラマに出演するのは初めて。フジテレビ系ドラマに出演するのも初めて。そして、今年1月22日にSnow Manとしてデビューしてから、初めてのドラマ出演となる。

目黒と渡辺恒也プロデューサーのコメントは、以下のとおり。

■目黒蓮

――『教場2』(仮)の出演が決まった時の思いをお聞かせください。

一言で言うと、「震えました」。うれしいという気持ちと、プレッシャーが同時に来ました。自分がやってみたかったことをやらせてもらえることはすごくうれしいことなので、出演が決まった瞬間から自分には何ができるのか、どんな準備ができるのかを考えながらここまで過ごしてきました。

――Snow Manデビュー後、初ドラマ、ゴールデン帯ドラマ初出演、フジテレビ系ドラマにも初出演と“初物づくし”になりますが?

とにかく僕は人生において、“どれだけ楽しいことを経験できるか”ということを考え方の土台にしていて、いろんなことに挑戦したいという思いで常にいます。今回初めてのことがたくさんあるということは、それだけいろんなことに挑戦できているということなので、“初物づくし”は非常にうれしいですね。今までお芝居をすることについて興味は持っていましたが、その興味をいつかお仕事につなげたいと思っていたので、このお話をいただいたときは、“楽しみ”という感情が大きかったです。

――今回の『教場2』(仮)の台本を読んでの印象はいかがですか?

第1弾の『教場』を拝見したので、台本を読んでいて、「あー、この感じ!」とすぐに映像がイメージできました。緊張感のある、あの雰囲気というのをイメージしながら台本を読んでいるので、生徒のみんなが成長していく過程で、いろんなエピソードがあって、またその伏線が回収されていくという、この作品の僕が好きな要素を強く感じました。

――役に合わせて3年半ほどしていたテクノカットをバッサリと切って、メガネ姿となりますが?

ここまでの短髪は人生初ですね。メガネも普段はしないので、ファンの方は、この姿をどう見られるんでしょうね。この髪型って、もう『教場』じゃないですか(笑)。なんとか出演が発表されるまでにバレないように、撮影現場以外ではちょっとでも髪型を変えておきます(笑)

――『教場2』(仮)への出演が決まって、メンバーの反応はいかがですか?

実はまだ、メンバーに言ってないんです(笑)。絶対に喜んでくれるというのは分かっているので、僕が言うよりも、世の中に“バン!”と、情報が出てから知った方がメンバーのみんなは喜んでくれるだろうと思っています。ただ、グループで共有しているカレンダーには、“目黒→所作訓練”、“目黒→ドラマ”のようなスケジュールが入っているので、メンバーは内心、「何のドラマだろう?」と、気にはなっていると思います。実際に何のドラマか聞いてきたメンバーもいるんですが、絶対に教えないようにしています! そして、この発表の時に、“『教場2』)(仮)のことだったんだ!”と、ファンの皆さんと一緒に驚いてくれるのを楽しみにしています。

――初共演となる事務所の大先輩・木村拓哉さんの印象はいかがですか?

僕がジャニーズに入って、もうすぐ10年になるんですが、入所してからしばらくは全く自分の思うようにできなくて、デビューなんて絶対にできないであろう位置にずっといました。中学・高校くらいのときは、「辞めたい」と思うことが何度もありました。それでも仕事やレッスンには行かないといけない、行きたくないな…という憂鬱(ゆううつ)な気持ちで電車に乗っているときに、SMAPさんの「この瞬間、きっと夢じゃない」だけを永遠にリピートして聴いて、自分を奮い立たせていたんです。あの曲がなかったら心が折れていたと思います。あの時にすごいパワーをいただいた方が自分の目の前にいて、お仕事できているんだというのがすごく感慨深かったです。今でもたまに聴きますが、聴くだけで当時のことを全部思い出して、涙が出ちゃうくらいです。当時は本当につらかったです。でも、そんなところにいた自分がこうやってご本人と一緒にお仕事できているというのは、人生本当に何があるか分からないなと思っています。今回せっかくご一緒できるので、その時間、緊張感、全てを味わえることは自分にとってものすごく勉強になるので、その空間を楽しみたいと思います。芸能界のトップを走られている方なので、お芝居についてどんなことを意識されているのかなどできる限り聞いて、勉強したいと思っています。

――『教場2』(仮)の放送を楽しみにしている視聴者に向けメッセージをお願い致します。

前回の『教場』を見ているファンの方たちに、今回も面白いと思ってもらえるような作品にしたいと思います。今のご時世にこの作品を見て、卒業していく生徒たちを見て、「頑張っていればいつか報われる!」と、思ってもらえるように一生懸命頑張ります!

■渡辺恒也プロデューサー

お仕事でご一緒するのは今回が初めてですが、現場で見る役者としての目黒さんは、「学べるものはすべて吸収してやろう」とする“ひたむきさ”が魅力であり、大きな武器でもあると感じました。木村さんとの2ショットのお芝居でも、自分自身の役と、風間教官に対しても真っ直ぐに向き合っていく姿が印象的です。
杣は、あまり感情を表に出さず、他の生徒たちとは少し距離を置いている、どちらかというとクールなタイプですが、実は内面に警察官としての信念につながるものを持っていて、風間にも似た鋭い観察眼を持った優秀な生徒でもあります。
自分とは違った道を歩んできた役を演じる、役を生きる喜びみたいなものが、毎回の撮影後の目黒さんの表情から感じられるのが、スタッフとしてもうれしく思います。
トレードマークだったテクノカットに別れを告げて、短髪になって役に挑む目黒さんの覚悟と、役者・目黒蓮という新たな魅力を、今作で存分に味わっていただきたいです!

(C)フジテレビ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加