ジャネット・ジャクソン 夫と破局後はツアーや育児に多忙な日々

ジャネット・ジャクソン 夫と破局後はツアーや育児に多忙な日々

  • Techinsight
  • 更新日:2017/09/17
No image

カタールの大富豪ウィサム・アル・マナ氏(Wissam Al Mana)と2012年に極秘婚し、今年は50歳という超高齢でありながら出産も無事に終えたジャネット・ジャクソン。それまでの彼女は良好な夫婦関係をアピールしていただけに「これから家族3人のハッピーライフが始まるのだ」と誰もが祝福したが、ジャネットは産後ほどなくして“結婚生活破綻”を発表した。「それでも夫婦の仲は良い」といった情報もあったが、特に妊娠中はマナ氏による暴言が絶えず、実際には“幸せな生活”とはほど遠い日々に耐えていたようだ。

夫ウィサム・アル・マナ氏との破局を発表後、ジャネット・ジャクソンは一人息子を育てながらコンサートツアーも行うなど、大変忙しいシングルマザー生活を送っている。ダイエットの成功で体もずいぶんホッソリし、「美しく若返った」と評判だ。

そんな多忙な暮らしを続けるなか、ジャネットが最優先しているのはやはり可愛い息子のこと。ジャネットの様子を見てきた兄は、彼女の暮らしぶりをこう語っている。

「赤ちゃんに対して常に赤ちゃん言葉で話しかけていますよ。そしてしっかり遊んであげています。何もかもこなしているんですよ。オムツ交換もね。そう、全てです。」

ちなみにマナ氏の考えはやや男尊女卑の傾向があるもようで、結婚前には“理想の女性像”をこのように明かしていた。

「男にとっての理想の女性…それは男が人生のどのステージに立っているかで変わるんだ。今は、夢にまで見た女性と交際できて幸運だと思っている。」

またイスラム教徒のマナ氏とそうではなかったジャネットは共通点が少なく、多くの点で意見が食い違ったという。ある情報筋は宗教観の違いがもたらした夫婦関係の亀裂について、『E!News』にこう話している。

「夫妻は意見の食い違いも多かった。離婚を決意した要因のひとつは、宗教です。ジャネットは(信仰につき)マナ氏と同じような考えは持てず、子育てについても意見が食い違ったのです。ジャネットはより自由な精神の持ち主ですし。文化的な違いも、大きな要因になってしまいました。」

幸せな家庭を夢みていたジャネットは、夫の文化・宗教に合わせようと懸命になり、夫が眉をひそめる仕事は泣く泣く断ったことも。「夫に尽くす理想の妻を目指さねば」という思いは相当大きかったようだが、子どもが誕生し母になったジャネットは突然「このままでは駄目だ」と息子のためにも別れを決意したもよう。今後は息子の親権などをめぐりマナ氏と協議を続ける予定だが、いつしかジャネットをビッチと呼ぶようになっていた彼のハラスメント行為は今もなお続いているという。

画像は『Janet Jackson 2017年9月9日付Instagram「Thanks for the @people! Story link in my bio.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外セレブカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
レオ様二股疑惑、新恋人&元カノ同日連続デート目撃
「同姓婚にYesを!」セレブ達が、オーストラリア国民投票での支持訴え
病気と闘う子どもたちをスーパーヒーローに。彼らの最高にかっこいいポスターを作り上げるフォトグラファー(アメリカ)
セレーナ・ゴメス、まるで少女のような可愛らしさと美脚に絶賛の声!
ライアン・ゴズリングの妻エバ・メンデス、“働くママ”の罪悪感を明かす
  • このエントリーをはてなブックマークに追加