アロゲートBCで引退 ドバイWC王者、現世界1位

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/10/13

今年のドバイWC覇者で、現在ロンジンワールドベストレースホースランキング1位のアロゲート(牡4、米国)が引退することが12日、分かった。

連覇のかかるBCクラシック(G1、ダート2000メートル、11月4日=デルマー)後に引退し、種牡馬入りすることをオーナーのジャドモントファームがこの日までに発表したもの。アンブライドルズソングの芦毛馬で通算10戦7勝。今年1月の第1回ペガサスワールドカップなどG1・4勝を挙げ、獲得賞金はすでに19億円以上となっている。種付け料は今後発表される予定。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
成宮寛貴、インスタで「丸刈りマッチョ姿」披露!! 山本裕典、江角マキコら引退芸能人は今
立憲民主、なぜ勢い?=希望と一線「筋通した」の声【17衆院選】
恐すぎ...!「一晩限りのエッチ」を楽しむと起こる恐怖の代償4つ
スーパーの「アピタ」「ピアゴ」をドンキへ転換 「5年後が勝負」
成宮寛貴さんの近影が話題、マッチョな体型に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加