最新ランキングをチェックしよう
恒星の大爆発をハッブル宇宙望遠鏡が激写、それはまるで巨大宇宙花火のようだった

恒星の大爆発をハッブル宇宙望遠鏡が激写、それはまるで巨大宇宙花火のようだった

  • カラパイア
  • 更新日:2019/07/13

NASA, ESA, N. Smith/University of Arizona, J. Morse/BoldlyGo Institute とある連星の赤と白と青のガスが膨張する美しい姿――そんな宇宙の花火をハッブル宇宙望遠鏡が捉えた。
 連星の名を「りゅうこつ座イータ星」という。打ち上げ花火は、7500光年の彼方で2世紀ほど前に始まり、現在もなお続くという壮大なものだ。
 1838年、りゅうこ

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ブリの骨 飲み込んだ73歳 腸に穴があき腸壁ごと切除 高知県
映画「ジュラシック・パーク」はどうやって巨大な恐竜を迫力のあるスケールで描いているのか?
ケルピーとディンゴにはDNAの共通点がないことが判明!【研究結果】
大きな手術は脳の老化を招く、米ウィスコンシン大学研究
老化した脳細胞に「自分はまだ若く柔らかい脳の中にいる」と勘違いさせると実際に若返る効果が検証される(英研究)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加