米国のラジオ局が番組ホストを解雇 ハーフパイプ女子で優勝したキムにセクハラ発言

米国のラジオ局が番組ホストを解雇 ハーフパイプ女子で優勝したキムにセクハラ発言

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/02/16

米サンフランシスコのスポーツ専門ラジオ局「KNBR―AM」でホスト役を務めていたパトリック・コナー氏が番組中、五輪に関して“セクハラ発言”をしたとして解雇された。

No image

ハープパイプ女子で優勝した米国のキム(AP)

同氏は平昌五輪ハーフパイプ(HP)女子で優勝した米国のクロエ・キム(17)に関して「4月23日が18歳の誕生日だからカウントダウンが始まっている。彼女は凄くいい。もし18歳なら“かわいいセックスの相手(A LITTLE HOT PIECE OF ASS)”と言ってもいいんじゃないかな。自分は彼女のファンだ」とコメント。これが「一線を越えた」と判断されて同局から追放されることになった。

コナー氏は「リスナーを笑わせようとして失敗してしまった。不適切な発言でクロエ(キム)にも迷惑をかけて申し訳ない」とツイッターで謝罪。しかし、番組を追われる結果となった。

キムは13日に行われたスノーボードのハーフパイプ(HP)女子で大会前から優勝候補に挙げられ、本番でも実力を発揮して金メダルを獲得していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
韓国の大炎上選手が「銀」 リンクで土下座...マススタート女子
川崎F知念「自信につながった」果敢に攻めて存在感
C大阪、執念のドロー開幕 「マンC」戦術の横浜Mに苦戦も柿谷弾で勝ち点1
“開幕男”小林悠は5年連続開幕弾逃す...「ポンポン入るな」と3発初勝利に満足
鹿島・内田がい旋星ならず 2853日ぶりにJリーグに出場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加