気候変動観測衛星「しきさい」 撮影画像を初公開

気候変動観測衛星「しきさい」 撮影画像を初公開

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/01/13
No image

動画を見る(元記事へ)

海の中のプランクトンも観測できる最新鋭の衛星「しきさい」が撮影した画像が初めて公開されました。

先月に打ち上げられた気候変動観測衛星「しきさい」は、特殊なセンサーで黄砂や海洋のプランクトンなども観測できます。画像には、雪を降らせている雲と積もった雪が水色で示されています。青は氷が張っているところです。また、関東地方では、千葉県銚子市周辺の沿岸部が沖合と色が違っています。これは、衛星のセンサーが海中のプランクトンや川から流れてきた砂に反応しているためです。JAXA(宇宙航空研究開発機構)は、しきさいを漁業などに役立てるほか、大気中の微粒子を観測することで、地球温暖化の予測に使いたいとしています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
これどんなオーパーツ?銅線がぐるぐる巻きになっている石が出土。2万年前に変圧器があったんかい!と騒ぎに(コソボ)
薬が効かない...恐怖の“耐性菌” 河川や公園の池でも見つかる
【ガチ】ついに「4次元空間の存在」が2つの実験で確認される! 我々の周囲に“異次元空間”が広がっていることが判明、革命的ブレークスルー到来!
火星でヒューマノイド2体をNASAが激撮! 多数のドア、豚、白い液体...
ゴキブリの成長を阻害する遺伝子が発見 他の生物に影響なくヤツだけを倒せる新型殺虫剤の開発に期待

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加