秀岳館大きな壁越えた 強豪横浜破りスタンド沸く

秀岳館大きな壁越えた 強豪横浜破りスタンド沸く

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2017/08/12

日本一へ、最初の大きな壁を越えた-。第99回全国高校野球選手権大会の県代表、秀岳館(八代)は11日、春夏5度の甲子園優勝を誇る横浜(神奈川)との初戦を6-4で制した。13安打の猛攻に、アルプススタンドは沸いた。

先攻の秀岳館は初回、先頭の竹輪涼介選手(3年)が熊本大会の勢いそのままに三塁打を放ち、続く半情冬馬選手(同)の犠飛で先制。「よっしゃー」と跳びはねた半情選手の父、要さん(46)は「いい仕事をしてくれた」と満面の笑み。試合開始から9球で3得点して主導権をつかんだ。

3点リードの七回表。2死満塁で、代打橋口将崇選手(2年)が2点適時打。母の恵美さん(45)は「練習の成果が出せてよかった」と目頭を押さえた。

応援席がどよめいたのは、七回裏。横浜主将の6番打者に3点本塁打を喫した時だった。広部就平主将(3年)らが中学まで所属したオール枚方ボーイズ(大阪)中学部(大阪)の金城亮汰主将は「まずい。守りきって」と祈るようにグラウンドに視線を送った。

最終回、田浦文丸投手(同)が最後の打者を打ち取ると、客席から拍手が沸いた。「うれしい。次は大差で勝って」とチアダンス部の山本杏海部長(同)。

秀岳館の次の試合は、大会9日目の16日午前9時半から、広島代表の広陵と2回戦に臨む。

=2017/08/12付 西日本新聞朝刊=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
あの宇部商「サヨナラボーク」の真実を、捕手・上本達之が明かす
天理、快勝も最後は冷や汗 中村監督「まさかここまで」明豊の粘りに脱帽
不祥事・山口が謝罪 本当に検討されていた契約解除
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
仙台育英、九死に1勝!背番16・馬目が“控えの意地”で決めた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加