豪サウスオーストラリア州、住宅5万戸に太陽光パネルと蓄電池を無償提供へ

豪サウスオーストラリア州、住宅5万戸に太陽光パネルと蓄電池を無償提供へ

  • AFPBB News
  • 更新日:2018/02/15
No image

豪サウスオーストラリア州にリチウムイオンバッテリーによる蓄電施設の建設を発表した米電気自動車大手テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(右)と、同州のジェイ・ウェザリル州首相(2017年7月7日撮影)。

【AFP=時事】オーストラリアのサウスオーストラリア州政府はこのほど、州内の住宅約5万戸に太陽光パネルと米電気自動車(EV)大手テスラの蓄電池を無償提供すると発表した。住宅を太陽光パネル網でつないで大規模な発電所として活用する計画だ。

サウスオーストラリア州では昨年末、テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)主導のもと、3万世帯以上に電力を供給することを目的とした世界最大の蓄電施設が稼働を開始した。

同州政府は、2016年に「前例のない」規模の暴風雨によって州全土で停電が発生して以降、電力難に対処する手段を模索しており、再生可能エネルギーの利用が特にその中心となっている。

州政府が先週発表した計画によると、充電式蓄電池と太陽光パネルは無償で各世帯に提供される。財源は、世帯間でつながった太陽光パネル網が生み出す電力の余剰分を販売することで賄うという。

ジェイ・ウェザリル州首相は声明で、「州政府は既に世界最大の蓄電池を稼働させている、今度は世界最大の仮想発電所を提供する」と説明。「協力してくれる世帯に電気代の大幅な節約という利益を提供しつつ、一般の住宅をサウスオーストラリア州電力網のために活用する」と強調した。

計画では、まず試験的に5キロワットの太陽光パネルとテスラの蓄電池が公営住宅1100戸に提供され、続いて公営住宅2万4000戸に太陽光パネルと蓄電池が設置される。そして今後4年をかけ、州内の他の住宅にも設置が進められるという。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
米国が狙う対サウジ原発輸出、核拡散リスクも
ウォール・ストリート・ジャーナル
悪名高きギャングが看護師を誘拐し貧しい人々に予防接種をさせるという事件(ブラジル)
ラブドールを抱いたままミイラ化した哀れな独身男! ロシア孤独死の闇... 爆乳“自家製ガールフレンド”に抱かれながら...
中東和平で多国間仲介呼び掛け=パレスチナ議長、異例の安保理演説
崖から落ちた犬を救助しようとした飼い主、150メートル下に滑落して死亡(米)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加