リバプール、手痛いドロー発進。一旦は逆転するも終了間際に3-3被弾

リバプール、手痛いドロー発進。一旦は逆転するも終了間際に3-3被弾

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2017/08/13
No image

ワトフォードとリバプールは3-3のドロー【写真:Getty Images】

【ワトフォード 3-3 リバプール プレミアリーグ第1節】

プレミアリーグ開幕戦が現地時間12日に行われ、リバプールはアウェイでワトフォードと対戦。2度のリードを奪われながらも逆転したが、最後は追いつかれて3-3のドローに終わった。

ユルゲン・クロップ体制3年目で悲願のプレミアリーグ制覇を目指すリバプールだが、いきなり出鼻をくじかれてしまう。CKからのボールにオカカが強烈なヘディングで合わせ、ホームのワトフォードが先制点を奪った。

29分にはリバプールも反撃を繰り出し、コウチーニョと並ぶ昨季チーム得点王のマネが同点のゴール。エムレ・ジャンのポストプレーでボールを受けてエリア内左サイドに抜け出してGKを破った。

だがそのわずか3分後、ワトフォードは再びリードを取り戻す。右サイドに抜け出したクレバリーが低いクロスを送り、ゴール前にこぼれたボールを最後はドゥクレが押し込んで2-1。

1点ビハインドで前半を終えたリバプールだが、後半にはクラブ史上最高額で獲得した快速ウインガーが本領を発揮。55分、ゴール前に抜け出したモハメド・サラーがGKに倒されてPKを獲得し、これをロベルト・フィルミーノが確実に決めて再び同点に追いついた。

さらにその直後の57分、今度はサラーが自らゴールを奪う。フィルミーノがゴール前に高く上げた浮き球に飛び込んでプレミアリーグ初ゴールを記録し、ついにリバプールが3-2と逆転した。

そのまま試合終了を迎えるかに見えたが、後半アディショナルタイムにドラマが待っていた。ワトフォードのCKからのこぼれ球を新戦力リシャルリソンがシュートし、GKが弾いてクロスバーに当たったボールを最後はブリトスが頭で押し込む。リバプールは土壇場で勝ち点2を失う結果となった。

【得点者】
8分 1-0 オカカ(ワトフォード)
29分 1-1 マネ(リバプール)
32分 2-1 ドゥクレ(ワトフォード)
55分 2-2 ロベルト・フィルミーノ(リバプール)
57分 2-3 モハメド・サラー(リバプール)
90+4分 3-3 ブリトス(ワトフォード)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
リヴァプールが3年ぶりのCL本戦進出...ホッフェンハイムから計6点奪い連勝
神戸のキャプテン・渡邉千真が“相棒”ポドルスキを語る「ルーカスにはもっと...」
内田、新天地での打ち解けに岡崎が活躍?...同僚「ありがとう、シンジ」
移籍志願のサウサンプトンDF “適正額オファー”届かずU-18チームへ送還
CLグループリーグ出場の32クラブ決定!気になるポット分けは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加