【セントライト記念】アルアイン2冠へV発進 皐月賞馬の貫禄!矢のような伸び!

【セントライト記念】アルアイン2冠へV発進 皐月賞馬の貫禄!矢のような伸び!

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/15
No image

皐月賞馬アルアイン(手前)は軽快な動きを見せた

「セントライト記念・G2」(18日、中山)

皐月賞馬が好仕上がりをアピールした。アルアインの最終リハは14日、新コンビのルメールを背に、栗東CWで半マイル追い。ラスト1Fは11秒7とはじけるように伸び、併せた僚馬に1馬身先着した。2冠奪取に向け、堂々とV発進を決める。僚馬のサトノクロニクルも、新コンビのM・デムーロ騎乗でCWへ。併せ馬で遅れたものの、力強い動きを披露して好気配を伝えた。

これが皐月賞馬の貫禄だ。アルアインの最終リハは、新コンビのルメールを背に栗東CWへ。3馬身半先行するジークカイザー(4歳1000万下)を追う形で、残り半マイルから発進した。直線で僚馬の内を突くと、ギアを上げて一気に加速。最後まで馬なりだったが、矢のように伸びて前をとらえ、4F50秒8-36秒9-11秒7で1馬身先着した。

背中や手綱から伝わる好感触に、思わず鞍上の声が弾んだ。「とてもいい気持ち。すごく柔らかくて乗りやすい。楽しみですね」と納得の表情でうなずく。「休み明けだけど、いいコンディション。能力がスゴい。距離も大丈夫だと思う」と自信を深めた様子だ。

池江師は「動きは良かったですね。体もひと回り大きくなり、順調に夏を越せました。春はやんちゃだったけど、だいぶマシになってきましたね」と心身の成長に手応えは十分だ。始動戦は、皐月賞を制した中山が舞台。「中山2000メートルは走っているけど、中山2200メートルは向正面が特殊な形ですしね。その辺が鍵だと思います」と外回りコースの克服をポイントに挙げた。

菊花賞に向けた大事なトライアル。これまでライバルとして戦ってきた名手も「ダービーでもいい競馬をしていた。ペースが遅いのによく頑張っていた。皐月賞を勝ったときも強かったし、いい瞬発力だった」と、その強さは肌で感じている。2冠獲りへ-。自らの強さを誇示し、栄冠に王手をかける。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
木梨憲武が原因じゃなかった? スギちゃん、テレビから消えた本当の理由を激白
保育士がイケメンパパと略奪婚!本当にあった保育園不倫
おぞましい!タバコによる影響を実験した動画が禁煙効果がありすぎると話題となる!
「他人の家の前でウンコをし続ける女性」が米で指名手配中 / ニックネームは『狂気のウンコ野郎』
Iカップ爆乳の女神がビーチに降臨!?人気グラドル・柳瀬早紀が沖縄ツアーで魅せた至高のサイドショットにコメント殺到「やなパイ最高」

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加