Ubuntu 19.10登場、ルートパーティションでZFSをサポート

Ubuntu 19.10登場、ルートパーティションでZFSをサポート

  • マイナビニュース
  • 更新日:2019/10/19
No image

英国Canonicalは10月17日(現地時間)、「Ubuntu 19.10 delivers Kubernetes at the edge, multi-cloud infrastructure economics and an integrated AI/ML developer experience|Ubuntu」において、Linuxディストリビューション「Ubuntu」の最新版となる「Ubuntu 19.10」の公開を伝えた。

インストーラは「Get Ubuntu | Download | Ubuntu」などからダウンロード可能。Ubuntu 19.10は長期サポート対象ではなく、安定した運用を求める場合にはさらに半年後にリリースが予定されている「Ubuntu 20.04 LTS」を選択する方がよいと見られる。

Ubuntu 19.10の主な注目ポイントは次のとおり。

ルートパーティションにおけるZFSのネイティブサポート(実験機能)

ZFSによる自動スナップショット機能によるロールフォワードおよびバックワードの実現(以前のアップデートからの起動が可能になる、実験機能)

Kubernetesにおけるエッジコンピューティング機能の強化およびエッジゲートウェイに最適な環境の実現

Carmed OpenStack Trianリリースを同梱

通信事業者のインフラストラクチャ運用を支援するライブマイグレーション拡張機能の提供

人工知能および機械学習の改善

NVIDIAドライバを同梱(グラフィック機能や人工知能技術/機械学習技術を利用するユーザのセットアップを支援)

古いハードウェアにおける応答性とスムーズ性の工場

Raspberry Pi 4 Model Bをサポート

UbuntuはZFSを積極的に取り込み始めている。このまま取り込みが進んだ場合、ZFSは次の長期サポートバージョンとなるUbuntu 20.04 LTSにおいてより重要な機能を担う中核機能として使われていく可能性がある。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Photoshopレベルの加工を一瞬で行うカメラアプリ「Photoshop Camera」を一足先に触ってみました
いらなくなりつつある開発者スキル5選
Windowsに複数の脆弱性、アップデートを
Slack、新たに「Slack サービスパートナープログラム」を開始
【速報】16インチMacBook Pro発売!キーボード刷新、15型から値下げ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加