政府専用機 金属パネルなくなる 総理外遊の予備機

政府専用機 金属パネルなくなる 総理外遊の予備機

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/01/12
No image

動画を見る(元記事へ)

12日に安倍総理大臣がヨーロッパ外遊に出発する予定のなか、11日、政府専用機から部品がなくなっているのが見つかりました。

11日、羽田空港を飛び立って新千歳空港に着陸した政府専用機の右の主翼とエンジンをつなぐ部分から、パネルが1枚なくなっているのが見つかりました。パネルは金属製で、縦38センチ横20センチ、重さは約500グラムとみられています。飛行中に落下したとみられていますが、航空自衛隊によりますと、今のところ被害の情報はないということです。政府専用機は緊急時に備えて2機態勢で運用されていて、パネルが紛失したのは、12日からの安倍総理の外遊で予備機として使われる機体でした。航空自衛隊は、点検と補修を急ぎ、12日の外遊に間に合わせたいとしています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
正社員・非正規の待遇の差が明らかに! 「年賀はがき販売成績1位が非正規で2位の正社員に海外旅行贈呈」のツイートに日本郵便への批判集まる
京大論文不正:これでいいのか、日本メディア
【寒波】最後にもう1度だけ言うけど、来週  “とんでもないこと” が起こります / 月曜が合図で、そのあと終わりが来ます
民泊、性的暴行や盗撮など危険な宿・犯罪多発...京都、3千軒が違法施設か
「関東連合」元幹部、“AV女優と交際”で恐喝未遂か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加