ウルグアイでブロックチェーンを活用した通貨の試験運用開始

ウルグアイでブロックチェーンを活用した通貨の試験運用開始

  • ASCII.jp
  • 更新日:2017/11/14
No image

南米ウルグアイの中央銀行はブロックチェーン技術を活用した「法定デジタル通貨」の試験運用を開始した。

法定デジタル通貨を使えば、携帯電話のネットワークを通じて店舗での支払いや個人間送金ができるとしている。

今回、1万人を対象に通貨(ペソ)と同価値の法定デジタル通貨「eペソ」を2000万ペソ(およそ7800万円)分発行。中央銀行のベルガラ総裁は「新しい通貨ではなく、ウルグアイペソと同じだ」と説明した。

法定デジタル通貨は世界各国で研究が進んでいるが、実用化は初めてだという。今後ウルグアイは6ヵ月にわたる試験運用の中で国民の反応をみていくとしている。

■関連サイト

ウルグアイ中央銀行(スペイン語)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
悪質な神戸製鋼に対して、被害者のJR東海が発した深いメッセージ
なぜ西日本で「おでん」のないセブン-イレブンが増えているのか?
毎年車検で荷台はむき出し!それでも『ハイラックス』が売れる理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加