通常国会でも質問時間配分を見直し 自民・森山裕国対委員長

通常国会でも質問時間配分を見直し 自民・森山裕国対委員長

  • 産経ニュース
  • 更新日:2018/01/13

自民党の森山裕国対委員長は13日、鹿児島県霧島市で講演し、衆院の各委員会での質問時間をめぐり、22日召集の通常国会でも与野党の配分を見直し、与党分を拡大する考えを示した。森山氏は「国民が判断を間違えないよう、一方的に(野党の)話だけを聞かせる国会であってはならない」と述べた。近年、配分は「与党2割対野党8割」が慣例となっていたが、昨年11〜12月の特別国会の予算委員会で「3・6割対6・4割」に見直した。

No image

自民党の森山裕・国会対策委員長

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
赤旗が「統一会派に加わったら裏切りになる16人の民進党議員リスト」掲載
【自民党総裁選】野田聖子総務相、総裁選へ意気は軒高、支持は低調 石破茂氏との「対安倍」候補一本化拒否も推薦人いまだ見当たらず...
ICAN事務局長「日本は国際社会の仲間外れになる」
年金受給開始70歳以降も可 高齢社会対策大綱案の全容判明 65歳以上一律「高齢化」見直し 60〜64歳就業率67%目指す
北朝鮮問題で連携を確認 安倍総理が欧州から帰国へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加