【福岡グルメ】濃厚なとんこつラーメンなのに脂っぽさを感じない! 匠の技が光る新時代の一杯は人気猛爆の予感 / 春日市『一骨入魂』

【福岡グルメ】濃厚なとんこつラーメンなのに脂っぽさを感じない! 匠の技が光る新時代の一杯は人気猛爆の予感 / 春日市『一骨入魂』

  • ロケットニュース24
  • 更新日:2018/02/15
No image

分かっちゃいるけどやめられない。それが濃厚とんこつラーメンの特徴だ。一度ガツンとくるパンチを味わってしまうと、知らず知らずのうちにまた欲しくなっている自分がいる。ボディーブローのように濃厚スープを何度も叩き込まれたら最期。ついやっちゃうんだ。

これまで幾度となく「やっちゃうループ」を繰り返してきた筆者(私)だが、つい先日「脂を極力おさえた濃厚とんこつ」というラーメンを出すお店があるとの噂を聞いた。脂をおさえてどこまで濃厚さを出せるのか。気になったので食べてみることにした。

・衝撃を受けるくらいウマい

訪れたのは、福岡県春日市にある『一骨入魂(いっこつにゅうこん)』。もう先に書いてしまうが、食べて衝撃を受けたラーメンは久しぶり。開店からすぐの時間帯にもかかわらず、バンバン席が埋まっていたのは今考えたら必然のことだった。

No image

理由はシンプルで、同店のラーメン(600円)はめちゃくちゃウマかった。まずスープ。トロみがあって濃厚さを感じる。舌に触れたあたりくらいでズドンとくるのは、濃厚をウリにするラーメンのフィニッシュブローと言おうか。しかし……しかしだ! 喉に差しかかるくらいで、他にない異変が起きる。信じられないとは思うが……

No image

・濃厚さがスッと引く

なんと濃厚なスープが、不思議とスッキリした味わいに変わったのだ。あくまで私個人の意見だが、濃厚なスープは喉に引っかかる傾向にある。ところが、同店のスープは喉あたりで濃厚さをおさえ、スススッとスンナリ入ってきた。試しにもう一度飲んでみても、ズドンとスッキリの無限ループしてくる。な、なんだこれは!

口に入れてから飲み込むまでのわずかな時間で変化するなんて、嘘だと思うかもしれない。ただ、感じたことをありのままに書くと、そんな不思議な現象が本当に起きてしまった。しかも、濃厚とんこつ特有の臭みもなし。脂を上手におさえた影響だろうか。それでも濃厚さもキッチリ出すあたり、これまでにないような一杯だった。

・匠の技が光る新時代の一杯

また、細めのストレート麺もスープにしっかり絡んでウマいのなんの。さらにはチャーシューも最高クラスにウマいから非の打ちどころがない。ううむ、ここまでウマいと思えるラーメンはそう巡り会えないので、思い出すだけで唾液がドバドバと出てくる。

No image

これまでの常識を覆すような新時代の一杯は、店名にあるようにまさに「一骨入魂」。匠の技を舌で感じることができた。訪れた日はあいにくの天気にもかかわらず、次から次へとお客さんが来店していたのも納得。すでに人気のようだが、これからさらに猛爆しそうだ。

・店舗について

最後にお店に関する情報を少しだけ。駐車場が気になる人もいるだろうが、近隣パーキングは40分以内なら無料で駐車することができる。また、店内はカウンター席と掘りごたつ席でソコソコ広め。1人でもOKだし、家族連れでも気軽に入れるだろう。

・今回ご紹介した店の詳細データ

店名 一骨入魂
住所 福岡県春日市若葉台西1−7−2
時間 11:00~22:00(水曜のみ11:00〜15:00)
定休日 なし

Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.

▼1番人気だと書いてあったラーメン+半チャーハン(850円)を注文。もち、チャーハンもウマい!

No image

▼40分以内なら近隣パーキングが無料になるぞ

No image

動画・画像が表示されていないときはこちらから

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【本日発売】かつや ふわたまレッドチキンカツ丼
【大盛り】超デカいのに激ウマなオムライス! ふわとろだけじゃない “パラパラ” に感動を禁じ得ない / 北千住「キッチンエッグス」
かつや「ふわたまレッドチキンカツ丼」
あの「バケツポテト」が帰ってきた! ミニストップに3日間復活
  • このエントリーをはてなブックマークに追加