安倍総理がラトビア首相と会談 北へ圧力強化で一致

安倍総理がラトビア首相と会談 北へ圧力強化で一致

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/01/14
No image

動画を見る(元記事へ)

ヨーロッパを歴訪中の安倍総理大臣は、2番目の訪問国であるラトビアのクチンスキス首相と会談し、北朝鮮に対する圧力強化の方針を改めて確認しました。

安倍総理とクチンスキス首相との会談は、今回が2回目です。会談で安倍総理は「北朝鮮への圧力を強化することが重要だ」と強調しました。これに対してクチンスキス首相は、「できるだけのことをしていく」と応じ、拉致問題の早期解決の必要性についても理解を示しました。ラトビアは北朝鮮と国交がありますが、独自制裁も行っていて、クチンスキス首相が先月に日本を訪れた際、北朝鮮への圧力を強化する方針で一致していました。また、会談で両首脳は、経済分野や人的交流など二国間の関係を強化していくことで合意しました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
立民が埼玉県連組織発足 統一地方選・参院選へ活動本格化
【北朝鮮拉致】菅義偉官房長官「しっかり連携」日本人拉致被害家族ら、金正恩氏の国際刑事裁判所告発に
【吠えろ!!戌 年男・年女】自民党の小里泰弘衆院議員 総裁選「事を起こすことはない」谷垣禎一元幹事長は言葉も円滑
連合会長が“喝” ゴタゴタの野党に連携呼びかけ
「ドタキャンなんかしてません!」 菅官房長官、東京新聞望月記者に声荒らげる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加