三菱自動車、役員報酬を3倍の30億円に設定

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2016/11/30

三菱自動車は2016年11月29日、役員報酬の上限を3倍の30億円とする方針を明らかにした。同日ホームページ上で公開した株主総会招集通知に盛り込み、12月14日に行われる臨時株主総会で正式に決定する。

現在総額年9億6000万円以内としている取締役報酬額を年20億円以内に増やし、これとは別枠で株価に連動する報酬を年10億円以内で設定する。同社は「海外も含めた優秀な人材の中から取締役を任命できるようにすることを目的とする」としている。

同社の次期会長には資本提携した日産自動車のカルロス・ゴーン社長が就く予定。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「自動ブレーキ」最下位の車は... 国交省が11車種をテスト
「極ZERO」酒税騒動を振り返る 発泡酒? 第3のビール?
安全性の違いに驚きの声! アメリカ産対メキシコ産の日本車が正面衝突
借金10兆円超え、孫正義とみずほ銀行の「見果てぬ夢」
ユニクロで名字変えバイトしていたジャーナリスト、潜入ルポ発表後にいつも通り出勤 解雇を言い渡される
  • このエントリーをはてなブックマークに追加