最新ランキングをチェックしよう
各球団最後の「奪三振王」は誰だった?

各球団最後の「奪三振王」は誰だった?

  • ベースボールキング
  • 更新日:2016/11/30

楽天の則本昂大

◆ 巨人・菅野、楽天・則本が最多奪三振のタイトル獲得
 今季はセ・リーグが189奪三振の巨人・菅野智之、パ・リーグは216奪三振を記録した楽天・則本昂大が3年連続で最多奪三振のタイトルを獲得した。今季は巨人と楽天の選手だったが、各球団最後に同タイトルを獲得した選手は誰だったのか――。
 セ・パともにこの10年、阪神(12年・能見、13年、14年・メッセンジャー、15年・藤浪)、広

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【阪神】あの藤川球児が敗戦処理に近い仕事もこなすことの意義
阪神・メッセ、コイ斬りで勢い!「じっとり暑い」室内トレで梅雨対策バッチリ
市西宮147キロ右腕に選抜王者も脱帽 大阪桐蔭・西谷監督「3安打は記憶にない」
かつて「怪物」と呼ばれた松坂は、このまま「引退」するのか
ロッテ・ペーニャ、凱旋弾狙う フリー打撃で柵越え連発!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加