2強激突!サントリー連覇へ石原「スクラムでアドバンテージを」/TL

2強激突!サントリー連覇へ石原「スクラムでアドバンテージを」/TL

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/01/13

トップリーグ(TL)の王座をかけた日本選手権決勝は13日、東京・秩父宮ラグビー場で2季連続2冠を狙うサントリーとパナソニックが激突する。サントリーは、PR石原慎太郎(27)ら第1列がスクラム戦を制しての攻撃を重視すれば、パナソニックは復帰したSOベリック・バーンズ(31)ら熟練BKで2季ぶりの覇権奪回を目指す。

東京・府中市のグラウンドで、サントリーは約30分の前日練習。最終決戦への準備を整えた。

「天気もいいし、風もなさそう。20点ぐらいの争いになるかな」

沢木敬介監督(42)はロースコアの展開を予想した。

今季14試合で奪った72トライのうち、35%の25トライをWTB、FBの「BK3」で占めているように、サントリーの生命線は速いテンポで攻撃を継続し、空いたスペースを的確に突いてFB松島幸太朗(24)ら走力のあるランナーを走らせること。「そのためにはスクラムでしっかりアドバンテージをとり、BKを前に出したい」と左PR石原は力をこめる。

パナソニックの右PRヴァル アサエリ愛(28)は昨年11月の日本代表フランス遠征で同僚。最前線での日本代表対決だ。FW第3列から転向して2年のヴァルに対し、国学院久我山高からPR一筋の石原は「(ヴァルは)能力が高く、NO・8がPRをやっている感じだが、負けるわけにはいかない」と闘争心を燃やす。

パナソニックには昨年10月のリーグ戦で10-21で敗れ、今季唯一の黒星をつけられた。「学んだことは多い。それでも相手にスペースはあるし、そこを勇気を持って攻めること」と指揮官。石原も「10月はプレッシャーを与えきれなかったのがスコアに表れた。ただ、昨季の優勝は昨季のことで、今季、僕らは何も成し遂げていない」と、ライバルにリベンジしての2季連続2冠を誓った。 (田中浩)

サントリー・SH流大(ながれ・ゆたか)主将「パナソニックは9、10番がキーマン。フミさん(SH田中)のいいところは判断力なので、そこにプレッシャーをかけたい」

★当日券は

SS〜B指定までの指定席は完売。自由席(一般2000円、小学生、中学生、高校生500円)は当日券の発売がある。

大会方式

3季連続で大会方式を変えてきたTLだが、今季は変則2グループ制を導入。8チームずつ赤、白2カンファレンス(C)に分かれて、各C上位2チームが決勝トーナメント(1-4位決定戦)に進出。この4強によるトーナメントが、今季導入された新方式の日本選手権を兼務するため、第1回大会から続いた大学選手権優勝校の出場が廃止された。

No image

サントリーとパナソニックの比較

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
ももクロ有安杏果、ソロの夢も叶わず...引退声明の切なさ
坂上忍、休場の白鵬は「40回の優勝ってなんだったの?」
「ぐるナイ」ゴチ、新メンバーは?一同絶賛の男前
ワンコインで何食べる?  セブンイレブンでの夕食の賢い選び方
吉岡里帆、「彼女とデートなう。」写真の破壊力にファン大絶賛
  • このエントリーをはてなブックマークに追加