ヒュー・ジャックマン、2月に9ヶ月ぶり来日決定 ファンへメッセージ

ヒュー・ジャックマン、2月に9ヶ月ぶり来日決定 ファンへメッセージ

  • ORICON NEWS
  • 更新日:2018/01/23
No image

映画『グレイテスト・ショーマン』に出演するヒュー・ジャックマン(写真上)とキアラ・セトル(写真下センター)の来日が決定 (C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

俳優のヒュー・ジャックマンが、映画『グレイテスト・ショーマン』(2月16日公開)のプロモーションのため、来日することが22日、わかった。同作で共演するキアラ・セトルとともに、2月13日に作品の世界観をイメージした大規模なレッドカーペットイベントへの参加を予定している。

【動画】ヒュー・ジャックマンの歌声響く『グレイテスト・ショーマン』予告編

同作は、19世紀半ばのアメリカでショービジネスの原点を築いた興行師P.T.バーナムをジャックマンが演じるミュージカル。妻への一途な愛を糧に夢を追いかけた彼は、差別や偏見の中で立ち尽くしていたエンターテイナーたちにスターになれる場所を提供し、エポックメーキングなショーを創造した。

作詞を手がけた映画『ラ・ラ・ランド』(17年)でアカデミー賞の主題歌賞を受賞したベンジ・パセック氏&ジャスティン・ポール氏のコンビが音楽を担当し、監督は人気漫画『NARUTO -ナルト-』のハリウッド実写映画化でも監督を務める新鋭マイケル・グレイシー氏が務めた。

ジャックマンは、『X-メン』(2000年)でウルヴァリンを演じる前から舞台ミュージカルで人気を博し、映画『レ・ミゼラブル』(12年)ではアカデミー賞と英アカデミー賞の主演男優賞候補になり、ゴールデングローブ賞コメディ/ミュージカル部門の主演男優賞を受賞。ブロードウェイの舞台でも活躍し、ミュージカル『The Boy From Oz』でトニー賞ほか数々の主演男優賞を受賞、12年にはトニー賞の特別賞を受賞した。

親日家としても知られ、今回が『LOGAN/ローガン』のプロモーション以来、約9ヶ月ぶりの来日。「日本の皆さんが、ミュージカルが大好きなことを知っているよ。本作を観た後は、必ず笑顔になれることを保証できるから、きっと日本のみなさんにも気に入ってもらえると思うよ。本当に来日が楽しみだ!」とファンへメッセージを寄せた。

ジャックマンと共に来日するのは、バーナム一座で人気を博すパフォーマーで、ショーの中でスポットを浴び、「This Is Me」(これが私)と主張できる自分を獲得していくレティ役のセトル。2013年に『Hands on a Hardbody』でトニー賞にノミネートされたこともあり、ゴールデングローブ賞の主題歌賞を受賞した「This Is Me」では圧巻の歌声を響かせる。

ジャックマンが作品について語るインタビュー映像が公開され、「オリジナルのミュージカルが作られるのは23年ぶりなんだよ。皮肉なことに僕らと同じ時期に『ラ・ラ・ランド』もゴーサインが出ている。だけど僕らの作品には、3倍の予算がかかっているんだ。スタジオにとっては、すごいリスクだ。ほかと違うことをやったバーナムから、ほかと同じことはやるな、違うことをやれと教えられたんだ」と、オリジナルのミュージカルのヒットが難しいと言われている時代に、同作にはバーナムの精神がしっかりと息づいていることアピールした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
知英(JY)の“エロ”発言に会場騒然!? 竹中直人は知英に伝説のギャグ「笑いながら怒る人」を伝授
TAAF2018アニメ オブ ザ イヤー部門のGPに「この世界の片隅に」「けもフレ」
「King & Prince」平野紫耀、初主演映画のヒット誓う「金メダルとりたい!」
「ブレードランナー 2049」に出てきた廃棄物処理場や女性型ホログラムがどのように合成されたかわかるVFX分解ムービー
「黄金期」迎える米テレビドラマ 映画スターが次々と進出する理由とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加