英国のEU離脱協議、北アイルランド国境問題が最大の懸念材料に

英国のEU離脱協議、北アイルランド国境問題が最大の懸念材料に

  • モーニングスター
  • 更新日:2017/12/06
No image

19年3月のEU(欧州連合)離脱後も英国の一部である北アイルランドにEU規制が続けば、北アイルランドと英国本国(グレートブリテン島)を隔てるアイリッシュ海に国境が設けられ、北アイルランドは英国から分断される。そうなれば98年4月10日に英国とEU加盟国のアイルランド共和国(南アイルランド)の間で結ばれた、英国の北アイルランド6州の領有権主張を認める和平合意(グッドフライデー合意)まで崩れかねない。また、北アイルランドにとって経済依存度がEUよりもはるかに高いと英国の間に国境や関税障壁ができることは死活問題となる。

だからこそ、北アイルランドの民主統一党(DUP)のアーリーン・フォスター党首はメイ英首相がEU本部で会談中の4日午後2時(現地時間)に急きょ、記者会見し、「北アイルランドは英国と同じ条件でEUから離脱しなければならない。経済的にも政治的にも英国との規制の違いは受け入れられない。英国との一体が損なわれることは認められない」と宣言し、EUとの合意案に反対するようメイ英首相に圧力をかけたのだ。

また、アイルランドのトリニティ大学のブライアン・ルーシー教授は4日、英紙ガーディアンのインタビューで、「南北アイルランド間の規制を英国のEU離脱後も一致させるということは、英国自体もEU規制に合致させなければ、北アイルランドと英国の間のアイリッシュ海に国境や関税障壁ができてしまう。これでは英国が分断されるのに等しく、DUPも強硬離脱派も納得できない」と指摘した。北アイルランドの事実上のEU残留を認めれば、英国が国論を二分した16年6月のEU離脱の是非を問うた国民投票の離脱決定の意味もなくなる。

メイ英首相が9月22日のイタリア・フィレンツェでの演説で、EU離脱交渉に臨む政府方針を示したが、なぜか北アイルランド国境問題については、「両国の国境には物理的なインフラを設置しない」とだけ曖昧な表現にとどめた。この曖昧さが今になって離脱交渉の前進を阻む問題に発展している。

さらに、EU離脱後の移行期間をめぐっても英国とアイルランド共和国との溝は埋まりそうにもない状況にある。11月17日に開かれた両国の外相会談では、アイルランド政府は「離脱後の移行期間が英国の主張する2年では短すぎる。地元企業がEU離脱に対応する調整期間としてはその2倍の4年間が妥当だ」と主張。英国と大きな食い違いを見せた。英放送局BBCも、「ボリス・ジョンソン英外相はいまこそ離脱協議は将来の貿易協議の段階に進むときだと胸を張ったが、アイルランドのサイモン・コベニー外相は、まるで暗闇に飛び込むような感覚を覚える。今はその時期ではないと語った」と伝えた。

つい最近でもアイルランドのレオ・バラッカー首相は北アイルランド国境問題をめぐる英・EUトップ会談が土壇場で崩壊した12月4日の会見で、記者団から今後、メイ英首相と会談する計画があるかと聞かれ、「メイ英首相がいったんは合意した内容を修正するいかなる理由も見つからない」と述べたように、英国とアイルランドとの関係は最悪の状態だ。

こうして離脱協議の前進が一向に見えない中、EU執行部は英国と貿易協定も合意できずに終わる、「ノーディール」の不測の事態に備えた緊急対策の策定作業に入った。また、英国内では最大野党の労働党のゴードン・ブラウン元首相までも離脱協議が危機的状況になったとき、すかさず英国のEU離脱の是非を問う2回目の国民投票を実施する」と宣言した。メイ首相は困難なかじ取りが当面続く。

(イメージ写真提供:123RF)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
小倉智昭、日馬富士送検に「この程度の事件」 「(とくダネで)何時間使ってんの?」と皮肉も
オーストリア、飲食店での喫煙禁じる禁煙法を撤回へ
マクラーレン セナ、世界限定500台が完売
高級車の電動折りたたみシートに挟まれ1歳児が圧迫死(米)
外国人に人気のアムステルダム、地元民はうんざり
  • このエントリーをはてなブックマークに追加