2020年のiPhoneは2モデルが「5G」対応、全モデルOLED搭載か

2020年のiPhoneは2モデルが「5G」対応、全モデルOLED搭載か

  • iPhone Mania
  • 更新日:2019/06/17
No image

2020年に発売されるiPhoneは3モデルで、5.4インチと6.7インチモデルが5Gに対応し、6.1インチモデルは非対応となる、との予測を、著名アナリストのミンチー・クオ氏が発表しました。

5.4インチと、6.7インチのiPhoneが5G対応

次世代モバイル通信規格5Gに対応したiPhoneが2020年に発売される、との予測を発表したのは、Apple関連の正確な情報で知られるアナリストのミンチー・クオ氏です。

クオ氏は、2020年のiPhoneは有機EL(OLED)ディスプレイ搭載の3モデルが発売される、と予測しています。

そのうち、5.4インチと、6.7インチの2モデルが5Gに対応し、6.1インチモデルはLTE通信のみに対応する、とのことです。

No image

iPhone XSが小さく、Maxは大きく進化か

クオ氏の予測にある3モデルのサイズ展開は、サプライヤーの動向に詳しい台湾メディアDigiTimesが4月に報じた内容と一致しています。

iPhone XSの5.8インチが、2020年モデルでは5.4インチへと小型化する一方、iPhone XS Maxの6.5インチが6.7インチへと大型化することを指していると考えられます。

6.1インチモデルは、現在のiPhone XRと同じサイズに据え置かれることとなります。

2022年か2023年にはApple製の5Gモデム搭載?

Appleは、訴訟合戦を繰り広げていたQualcommと和解したことで、5G対応iPhoneを販売可能になったとみられています。

クオ氏は、2021年に発売されるiPhoneは全モデルが5G対応となり、2022年から2023年にかけて、Appleが自社開発した5Gモデムチップを搭載したiPhoneが発売される、とも予測しています。

Source:AnTuTuviaMacRumors
(hato)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Appleの虹色りんごのロゴが一部の新製品で復活との噂
Apple、macOS 10.14.6ベータ5を開発者向けにリリース
iOS13ベータ3に脆弱性〜連続タップでWebサイトやアプリのパスワードが閲覧可能に
Appleが自動車に関する特許を複数取得、自動運転車の独自開発はなおも進行中か
Apple、今秋登場の新しい絵文字を紹介
  • このエントリーをはてなブックマークに追加