オタクに対する印象は日本と他の国々で全く異なる、分析動画が中国で反響

オタクに対する印象は日本と他の国々で全く異なる、分析動画が中国で反響

  • レコードチャイナ
  • 更新日:2018/10/12
No image

オタクに対する印象は日本と他の国々で全く異なる、分析動画が中国で反響

10日、中国のネット上にこのほど、日本の「オタク」について分析する動画が投稿され、注目を集めている。写真は秋葉原。

2018年10月10日、中国のネット上にこのほど、日本の「オタク」について分析する動画が投稿され、注目を集めている。

動画は、中国・重慶大学人文社会科学高等研究院の政治学准教授、潘妮妮(パン・ニーニー)氏が日本のオタク文化について解説するもので、その中で、潘氏は「興味深いこと」として、「オタク」に対する印象が、日本と他の国々では全く異なることを挙げた。

潘氏はまず、「中国やフランス、米国などの流行発信地で、『あなたはオタクですか』と尋ねると、たいていの人は『はい、オタクです』『オタクが大好きです』などの反応が返ってくる。だが日本では、一部の特殊な場所を除けば、『あなたはオタクですか』と尋ねると、悪口を言っていると受け止められる」と指摘した。

その上で、日本人がオタクにマイナスイメージを持つ背景には、テレビドラマなどで取り上げられるオタクが、あまり清潔な身なりをしていないことなどから近づきたくないという印象を持たれることがあるなどとした。

一方で、日本以外の国の人々がオタクに好意的な印象を持つ背景には、日本政府による「ACG(主に日本のアニメ・コミック・ゲームを指す中国語圏のスラング)」の宣伝戦略があルト指摘。2016年リオデジャネイロ五輪の閉会式で行われた2020年東京五輪への引き継ぎセレモニーで、安倍晋三首相が任天堂のゲームキャラクター、スーパーマリオになって登場したことに代表されるように、ACGが日本文化を代表するものとなったことと関連性があると論じた。

この動画には、中国のネットユーザーから多くのコメントが寄せられており、「一般大衆は、少数派を排斥する傾向がある。こうした考え方の良し悪しは置いといて、日本は中国に比べ集団意識が強い。だからオタクに対する印象も中国とは異なるのだろう」との指摘が多くの共感を集めた。

また、「中国のACGオタクと日本のディープなオタクは別概念のように思う」「中国のオタクは日本の真性オタクに言わせれば自称オタクに過ぎないのだろう」と指摘する人もいた。

あるユーザーは、中国でACGオタクが増殖している背景として「中国の2次元コンテンツの質の低さ」を指摘していた。(翻訳・編集/柳川)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大国に囲まれた悲劇。なぜ韓国はすり寄る相手を次々と変えるのか
日本から帰ってきた中国人が「日本人とは酒を飲まないほうがいい」と語った理由=中国メディア
世界一の戦略家が衝撃発言。米中対立は中国共産党の崩壊まで続く
韓国アイドル・防弾少年団メンバーの「きのこ雲Tシャツ」が物議
防衛省が「サイバー自衛官」を年収2300万円で募集。中国・ロシア・北朝鮮とのサイバー戦争には「攻殻自衛隊」で対抗せよ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加