稀勢の里、初日は貴景勝 白鵬は阿武咲 取組決まる 14日から初場所

稀勢の里、初日は貴景勝 白鵬は阿武咲 取組決まる 14日から初場所

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/01/12
No image

稀勢の里

「大相撲初場所」(14日初日、両国国技館)

取組編成会議が12日、両国国技館内であり初日と2日目の取組が決まった。

左上腕部、腰部、左足首などの負傷で4場所連続休場中の横綱稀勢の里(田子ノ浦)は初日に新小結貴景勝(貴乃花)、2日目に東前頭筆頭の北勝富士(八角)と、勢いある若手を迎え撃つ。

右足首、腰部などを痛め同じく4場所連続休場中で進退のかかる横綱鶴竜(井筒)は初日に北勝富士、2日目に貴景勝と対戦。

2場所連続41度目の優勝を狙う横綱白鵬(宮城野)は初日に小結阿武咲(阿武松)、2日目に西前頭筆頭の逸ノ城(湊)と当たる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
豪栄2敗キープ「気合入った」 藤島審判長は貴景勝に苦言
鶴竜、全勝対決制す 無給場所も懸賞だけで月給超え
栃ノ心、鶴竜に7年も勝てず 苦手意識「あるかも」
豪栄道、貴景勝からにらまれ「気合が入った」 北の富士氏も優勝争いを期待/初場所
元関脇貴闘力氏、納谷に続いて二、四男の角界入り明言「一番素質あったのは長男ですが」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加