台風18号、17日午前中に九州上陸の見込み

台風18号、17日午前中に九州上陸の見込み

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2017/09/15
No image

2017/09/15 21:48 ウェザーニュース

台風18号は17日(日)午前中に、少なくとも強い勢力を保ったまま九州に上陸する見込みです。九州全域で暴風域に入るため、各地で暴風雨、高波、高潮に厳重な警戒が必要です。局地的には1時間に100mmに達するような雨や、瞬間的に50m/sを超えるような暴風となる危険性もあります。

台風接近前から強雨に警戒

また、秋雨前線や暖かく湿った空気などの影響で、南部太平洋側は15日(金)夜から16日(土)にかけて、大雨となる恐れがあります。多い所では1時間に60〜70mmレベルの強雨の恐れも。道路の冠水などに注意が必要です。

◆総雨量(多いところ)
南部:400-500mm
※太平洋側では500mm超の恐れあり
北部(朝倉市・日田市を含む):300-400mm
>>【マップで確認】72時間積算降水量 予想
悪めの見解は(悪めの見解はこちら)

◆17日の時間雨量(多いところ)
100mm/h超

◆暴風
全域:17日いっぱい

大雨により、浸水、土砂災害、河川氾濫などの恐れがあります。台風接近時は不要不急の外出は控えてください。

九州北部豪雨の被災地も二次災害に警戒

九州北部豪雨で災害が発生した福岡県朝倉市や大分県日田市は、新たな災害の発生や、すでに崩れている崖や斜面が再び崩れる恐れがあります。また、風が強いため、倒木も心配です。ピークとなる17日朝から夕方までの復旧作業は中止し、外へ出ることは控えてください。
避難する場合は明るいうちに声を掛け合って、複数人数で行動するようお願いします。

高潮被害にも要警戒

No image

台風の接近時は、雨風に注目が集まりがちですが、「高潮」も忘れてはいけません。

台風接近による海面上昇と満潮時刻が重なる時間帯は特に危険です。
九州の沿岸では各地で警戒が必要ですが、中でもマップの下部に示したエリアでは特に警戒が必要です。ハザードマップなどで浸水のリスクが示されているエリアでは早めに避難して、安全を確保してください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
久留米大附設、ラ・サール... 医学部受験を席巻する高校が九州に多い理由
なぜ40~50代男性は自殺するのか?身近の元気な人が突然自殺、こんな兆候は危険
AV出演50回以上の消防士 同僚がサンプル見て発覚
【衝撃】Hydeが48歳だと信じられないのでアラフィフのミュージシャンをまとめた結果 → 時空歪みすぎィィィイイイ!
通勤ラッシュ時、乗客数が多い首都圏鉄道路線ランキング...池袋駅に都市1つ分の人口流入
  • このエントリーをはてなブックマークに追加