そんなに邪険にしないで...(涙) 「お米」の気持ちをラップで代弁した衝撃MV

そんなに邪険にしないで...(涙) 「お米」の気持ちをラップで代弁した衝撃MV

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2017/10/11

炭水化物抜きダイエットの影響か、昨今食卓に残されつつある「お米」。そんなお米の気持ちを代弁したミュージックビデオが完成した。

No image

全米(こめ)が、本当に泣いた!? 涙なくしては観られない大作という話だが――。

総制作時間は、1887時間

作ったのは、「おいしいものは人類の奇跡だ!」をモットーに、料理と音楽の新たな楽しみ方を提案する「DJみそしるとMCごはん」(以下おみそはん)。ややこしい名前だが、メンバーは「1人」で、トラック、リリック、アートワーク、Music Videoなど全てを自ら制作している超自家製ラッパーだ。

そんな「おみそはん」の新曲ミュージックビデオ「わたし、ごはん r.t.m. SHINCO(スチャダラパー)」が、2017年10月11日18時から公開された。

ストーリーは、ある女の子とごはんたちの物語――。

小さい頃はごはんをたくさん食べていた女の子が、ある日から、ごはんをあまり食べなくなってしまう。食べられることなく残されてしまうお米たち。そんなお米たちの切ない気持ちを、ごはんつぶになった「おみそはん」がお米たちと一緒に歌う。

泣きながら踊るお米たちの小さなミュージカルが、昨今とりまいている、過度な炭水化物抜きダイエットやフードロスなどの社会現象にメッセージを投げかける、という内容だ。

驚くのは、作り込まれたMVのクオリティ。

実は、本MVに出演するのは、ホンモノのお米4596粒。それを、プロのネイリストらがすべて手書きで、表情を生み出している。「おみそはん」をイメージしたお米キャラは、髪の毛が味噌、帽子は唐辛子と、ごはんにピッタリな食材でコーディネート。作り込みにもこだわりがみえる。

緻密な作業を擁する撮影の総制作時間は、1887時間にものぼったそう。不眠不休でやっても約79日間、2か月以上もかかる計算だ。

ミュージックビデオは、You Tubeで公開中。「全米(こめ)が泣いた」大作は必見だ。

また、「わたし、ごはん r.t.m. SHINCO(スチャダラパー)」を収録したニューアルバム「コメニケーション」は、10月25日に発売。初回生産限定盤は2778円、通常盤は2315円(ともに税別)。<J-CASTトレンド>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
欅坂46、自身初の公式ゲームアプリにハマる!?「昨日も夜3・4時間くらい夢中になってやっていた」(菅井友香)
藤巻亮太、アルバム『北極星』収録の“優しい星”が多部未華子出演のCM楽曲に
レキシ、台風接近で沖縄公演内容変更へ アコースティックセットに
アニバーサリーの迎え方 #深夜のこっそり話 #830
藤巻亮太「優しい星」が多部未華子のショッピングシーンを彩る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加