日本ハム 栗山監督続投決定「今まで以上に気合が入っている」

日本ハム 栗山監督続投決定「今まで以上に気合が入っている」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/10/12
No image

オーナー報告会を終え、取材に応じる日本ハム・栗山監督=東京・大崎の日本ハム本社(撮影・中田匡峻)

日本ハム・栗山英樹監督(56)が11日、東京都内の日本ハム東京支社でシーズンのオーナー報告を行い、来季の続投を要請され、受諾。来季、7年目の指揮を執ることが決まった。1年契約。

末沢オーナー、栗山監督、竹田球団社長が出席。今季は大谷、近藤ら主力にケガ人が多く出て昨季の日本一から5位に終わったが、それでも観客動員数が北海道移転後最多の208万人を動員。末沢オーナーからは「本社のみんな、全体が前以上にチームを応援していると感じるし、ほかのメーカーや会社にはないファイターズの話ができるので、グループのシンボル、ブランドになってきてるし、うれしく思っている」とねぎらいの言葉をかけられた。

栗山監督は「来年、頼むぞ、分かりました。よろしくお願いしますということで」と話し合いを振り返った。

来季については「今まで以上に気合が入っている」と2年ぶりの日本一へ巻き返しを誓った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【小関順二のドラフト指名予想】広島東洋カープ編 「黄金時代へ 需要に合ったドラフト戦略を」
阪神が西武野上を獲得調査 国内FA権行使の可能性
ソフトバンク守護神サファテを支える家族愛「日本で娘の誕生日を祝うのが何より」
増田 珠(横浜)「日本一熱い表現者、目指す選手像は決まっている」
【小関順二のドラフト指名予想】横浜DeNAベイスターズ編 「チーム内で化学反応を起こすような指名を」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加