兵庫の子供は走りが得意で柔軟性に課題...29年度全国体力テスト

  • 産経ニュース
  • 更新日:2018/02/14

県教委は13日、小学5年と中学2年を対象にスポーツ庁が行った「平成29年度全国体力・運動能力、運動習慣等調査」(全国体力テスト)の県内の結果を発表した。小学、中学の男女ともに合計点平均が全国平均を下回り、特に柔軟性や敏捷(びんしょう)性に課題がみられた。

全国体力テストは20年度から実施され、今回は昨年4〜7月に実施。県内の全公立小中学校を対象に握力や上体起こし、50メートル走、持久走、立ち幅跳びなど8種の運動能力調査を行って80点満点で得点化した。

県内の全種目合計点の平均値は、小学男子が53・24点(全国平均54・16点)▽小学女子が54・05点(同55・72点)▽中学男子が40・43点(同41・96点)▽中学女子が48・92点(同49・80点)-で、いずれも全国平均を下回った。

県内の児童生徒は中学男女の持久走、小学男子の50メートル走など走力を測る項目で優れたが、握力や上体起こし、前屈などで全国平均を下回った。

県教委の担当者は「小学校に民間の外部指導者や中学の保健体育教師を派遣し、教員の指導力を底上げして子供たちの体力向上意欲を高めたい」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
1998年と2015年の新旧トヨタ・カローラを衝突させると壊れ方がこんなに違う
「収斂火災」知ってますか?帰宅したら収納ボックスが燃えかけていた...冬に要注意の「火」の恐怖
左手にスマホ右手に飲み物で左耳にイヤフォンのまま自転車に乗り77歳女性を死なせた女子大生に怒りの声
迷惑メールを追う(下)名簿屋、流出情報カネに ゴルフ場、エステ...データベース化
運転は元東京地検特捜部長 車突っ込み歩行者死亡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加