【Jアウォーズ】優勝監督賞の鬼木達監督が口にしたのは、選手とサポーターへの思い!

【Jアウォーズ】優勝監督賞の鬼木達監督が口にしたのは、選手とサポーターへの思い!

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/12/06
No image

優勝監督賞を受賞した鬼木監督。無冠が続いた川崎に初めて歓喜の瞬間をもたらした。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

12月5日、横浜アリーナで行なわれた「2017Jリーグアウォーズ」。J1からJ3の全54クラブの選手、関係者が一堂に会した祭典で川崎をリーグ初優勝に導いた鬼木達監督が優勝監督賞を受賞した。

テレビのフラッシュインタビューで喜びのコメントを求められると、「僕というよりは後ろに立っている選手たちがよくやってくれました。本当にうれしく思います」と語り、選手たちの頑張りを何よりも強調した。

【日本代表PHOTO】EAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会へ向けた招集メンバー23人

そして、最後まで声援を送ってくれたサポーターに向けて感謝の意を示した。
「本当に今年1年一番悔しい思いをしてきたクラブだと思うので、最後にこういう形で終わることができて、サポーターの皆さん、1年間熱い声援を本当にありがとうございました」

これまで、あと一歩のところでタイトルを逃してきた川崎。今年も目の前まで栄冠は近づいていた。しかし、決勝まで勝ち進んだルヴァンカップ、準々決勝まで進出したACL。いずれもあと一歩というところで凱歌を響かせることは出来なかった。それだけに、サポーターに初タイトルを届けたいという思いは強かった。

幾つもの悔しさを乗り越え、最終節で鹿島をかわしてのリーグ初優勝――。
鬼木監督の言葉には様々な人への感謝の気持ちが詰まっていた。

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
徳島FW渡大生が広島に完全移籍!!今季J2得点王イバに次ぐ23ゴール
電通マンが警視庁倒す 過労死問題で練習時間増えた
「最初、ふざけんなよと」 日本代表FW小林が明かす、韓国戦“PK弾”の舞台裏とは?
5度目の挑戦でついに参入戦突破!磐田U-18が前橋育英をPK戦で破り、プレミアリーグ初昇格!!
[MOM2356]FC東京U-18DF長谷川光基(3年)_悪夢のPK乗り越えて、栄冠呼び込む劇的V弾!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加