BORO iPS細胞研究基金に寄付、応援歌も 山中教授「夢のよう」

BORO iPS細胞研究基金に寄付、応援歌も 山中教授「夢のよう」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/02/16

ヒット曲「大阪で生まれた女」で知られるシンガー・ソングライターのBORO(63)が14日、京大iPS細胞研究所(京都市左京区)を訪れ、所長の山中伸弥教授(55)らが立ち上げた同研究基金に100万円の寄付を行った。筋ジストロフィー患者支援活動を25年間続けてきたBOROは、同研究所の基金にも賛同。「山中教授も基金周知のためにずっとマラソンに出場されている。私も共に走りたい」と支援を誓い、助教の論文捏造(ねつぞう)と改ざん騒動で思わぬピンチに立った山中教授に「難病克服は全人類の願い。とにかく研究を続け、頑張っていただきたい」とエールを送った。

No image

BORO(右)から寄付の目録を受け取る山中伸弥教授

また、同基金への応援歌「しあわせのおくりもの」も披露した。自身もC型肝炎や硬膜下血腫など10年間の闘病生活。3年前に完治して活動を再開したといい、「103歳まで歌おうと決意した」と笑顔。「僕には歌しかない。どこにでも行ってこの曲を歌い、基金の広報に努めたい」と意気込んだ。

山中教授は寄付に感謝するとともに、「僕は大阪生まれの大阪育ち。大好きな“大阪で生まれた女”を生んだBOROさんに曲を作っていただけて夢のようです」と声を弾ませていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ぐるナイ共演のナイナイ、渡辺直美が大杉さん追悼「感謝しかありません」
白鵬、結婚記念日迎え夫婦ショット「本当にお似合い」「末長くお幸せに」と祝福の声
「震災義援金4億円」サンドウィッチマン・伊達の“心配な言動”とは?
大杉漣さん、急性心不全で急死 バイプレイヤーズ共演者「現実を受け入れられない」
【イラスト】『よくわかる埼玉県2018』が猛烈な勢いで拡散中! 埼玉の約70%は「片田舎」か「秘境」らしい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加