西日本で広く黄砂を観測

西日本で広く黄砂を観測

  • tenki.jp
  • 更新日:2018/04/17
No image

きょう17日も、大阪や福岡など西日本の広い範囲で黄砂を観測しました。視程はいずれも10キロメートル以上で、見通しが極端に悪くなっている所はありません。

西日本で続々と黄砂を観測

おととい、きのうに続き、きょう17日も大阪や福岡など西日本の広い範囲で黄砂を観測しました。視程はいずれも10キロメートル以上で、見通しが極端に悪くなっている所はありません。上空の風が弱いため、きのうまでに飛んできた黄砂が西日本付近にとどまっていたとみられます。

黄砂とは

大陸の砂漠域や黄土地帯の砂が強い風によって大気中に舞い上がり、上空の風で運ばれて、日本などへ降下する現象です。日本では3月から5月に多く観測されます。黄砂の濃度が濃くなると、空が黄色く見えたり、車や洗濯物などに付着したりすることがあります。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【札幌】自転車で少年をひき逃げした映像がニュースになるも「これで自転車が悪いの?」「これを避けるの難しい」の声
東京駅の自販機で「売り切れ」続々発生も「頑張れ!」「もっとやれ」の声 背景にサントリーグループの残業代未払い問題
中央道が「中央高速道路」から「中央自動車道」に格下げになったのはなぜ?
【報ステ】自転車ひき逃げ 20歳の大学生逮捕
  • このエントリーをはてなブックマークに追加