30年、最低でも3750億円 もんじゅの廃炉計画を提出

30年、最低でも3750億円 もんじゅの廃炉計画を提出

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/12/06
No image

動画を見る(元記事へ)

福井県の高速増殖炉「もんじゅ」について、原子力機構は廃炉完了まで30年、最低でも3750億円の費用が掛かるなどとする廃止計画を原子力規制委員会に提出しました。

もんじゅは去年12月に廃炉が決まりましたが、地元との調整が難航し、1年経ってようやく廃止計画が固まりました。計画では2022年度までに燃料を取り出し、その後、段階的に冷却材のナトリウムを取り出すなどして30年後の2047年度までにすべての作業を終えるとしています。ただ、新しい規制基準への対応費用などは入っておらず、さらに費用が膨らむ可能性もあります。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ベンツの運転手に絡まれ煽られていた軽自動車。しかし軽の方が一枚上手だった
信号無視で横断の男性、非番中の警官運転のクルマにはねられ死亡
【日本オワタ】冬将軍だけでなく「ラニーニャ」までもが6年ぶりに襲来! 日本、ついに戦場と化す
3歳男児不明 車内にいるはずが...現場に柵のない川
「目を開けたら殺す」 合鍵使い女性宅に侵入
  • このエントリーをはてなブックマークに追加