元ミランの“怪人”ウェア氏がリベリア大統領選で勝利か。現地紙報じる

元ミランの“怪人”ウェア氏がリベリア大統領選で勝利か。現地紙報じる

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2017/10/12
No image

元ミランの“怪人”ジョージ・ウェア氏【写真:Getty Images】

現役時代にイタリアのACミランなどでプレーしていた51歳のジョージ・ウェア氏がリベリア共和国の大統領選挙に立候補、圧倒的な支持を集めている。公式な発表は12日現在まだないが、アフリカのメディア『ナショナル・アコード』は同日、ウェア氏が勝利したと報じている。

ウェア氏は現役時代、ミランやチェルシー、マンチェスター・シティなどでプレー。1995年にはFIFA最優秀選手賞に輝き、アフリカ人初のバロンドールも受賞していた。驚異的なスピードを武器に活躍し、「怪人」の異名でも知られている。

リベリアでは、ノーベル平和賞を受賞したサーリーフ大統領の後継を選ぶ大統領選挙が行われており、ボアカイ副大統領と議員であるウェア氏が争っていた。同メディアによると、投票の結果、ウェア氏が勝利したという。事実であれば、元サッカー選手が大統領に就任するという偉業を達成したことになる。

サッカー界と政界、2つの世界で頂点に立つことはできるだろうか。編集部では引き続き大統領選挙の様子を追い、続報があればお伝えしたい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
サッカー史に残る「爆笑PK」がタイで炸裂 / クロスバーに弾かれたボールがスピンして...
ジダン監督がFIFA年間最優秀監督賞を受賞!...レアルで史上初のCL連覇を達成
モウリーニョとコンテが舌戦!「泣いてばかり」発言に「自分のチームのことを考えろ」と反論
「女子高生ミスコン」各都道府県の“一番かわいい女子高生”全て発表 セミファナリスト66人が出揃う<日本一かわいい女子高生>
セビージャMF、監督解任ツイートにいいね。本人はハッキング被害に遭ったと否定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加