『同期のサクラ』主題歌は森山直太朗「さくら」2019年版アレンジ

『同期のサクラ』主題歌は森山直太朗「さくら」2019年版アレンジ

  • マイナビニュース
  • 更新日:2019/10/09
No image

女優の高畑充希が主演する日本テレビ系ドラマ『同期のサクラ』(毎週水曜22:00~)が9日、初回放送を終え、森山直太朗が歌う主題歌「さくら(二〇一九)」の音源が公開された。

この曲は、2002年に発表された森山直太朗「さくら」の歌詞世界が、同ドラマと非常に共鳴するということから、「今」の歌唱で主題歌として提供してほしいと制作陣から熱心にオファーし、主題歌決定に至った。

そこで、「今」だからこその歌唱とアレンジによって、新たな「さくら(二〇一九)」が誕生。アレンジは数々の映画音楽を手がけるシンガー・ソングライターで作曲家の世武裕子氏が務めている。

森山は「『さくら』はかれこれ20年ほど前に作られた曲です。独唱、合唱など、折に触れ、たまに形を変えながら歌い続けてきました。そんな年月を経て、生まれ変わった今の『さくら』を聴いていただけることは、歌い手にとってこの上ない喜びです。元号も変わった新しい時代の幕開けに、この曲に光を当ててくださったドラマのスタッフの皆さんと、編曲をしてくれた世武裕子さんには感謝の言葉しかありません。主人公サクラとその仲間たちが駆け抜けた季節に、この曲がどんな風に折り重なるのか今からとても楽しみです」とコメント。

大平太プロデューサーは「この企画を思いついた時に、勝手に直太朗さんの『さくら』が鳴っていたんです。でも、森山さんの代表作でもありますので、無理を承知でご本人とお会いして、僕の思いを伝えました。直太朗さんが、『とても大切に16年間歌って来た曲ですが、今の僕にしか歌えない“さくら”があるはずです』と快諾してくれました。新しく生まれ変わった『さくら(二〇一九)』を初めて聴いた時、僕達の主人公・サクラを応援してくれているかのようで、久しぶりに心が震えました」と語っている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ベック、リリースが噂される新AL『ハイパースペース』のアートワーク公開。レトロなデザインには日本の◯◯も登場
板野友美の今の姿がまったく別人で騒然! 目指すは事務所先輩の和田アキ子か
秦 基博、出生地・宮崎県日南市で初のライブ!「故郷に錦を飾りに来ました」
765プロからXENOGLOSSIAへ、アイマスが繋いだバトンに沸いたバンナムフェス2日目
まふまふ、ネットから生まれた“ドーム即完”の新スター「中毒性の塊」若者に支持される理由は
  • このエントリーをはてなブックマークに追加