伊アルカンターラ ボラーニョ会長「20年までに100%再生可能素材に切り替え」

伊アルカンターラ ボラーニョ会長「20年までに100%再生可能素材に切り替え」

  • レスポンス
  • 更新日:2016/10/18
No image

イタリアの人工スエードメーカー、アルカンターラ社のアンドレ・ボラーニョ会長兼CEOは10月18日、都内で会見し2020年までに人工スエード『アルカンターラ』の素材を100%再生可能資源にする方針を明らかにした。

ボラーニョ会長は「現在、再生可能資源を原材料に用いる最先端の技術について検討を重ねている。一部に再生可能資源を利用したポリマー生産を2016年末までに開始する予定になっている。さらに2020年にはアルカンターラの素材は完全に再生可能資源を使ったものにする計画で進んでいる」と述べた。

現在、アルカンターラの素材としてポリエステルが70%、ポリウレタンを30%使用しているが、ボラーニョ会長は「まずポリエステルのうちの30%をバイオベースのものに置き換える。このバイオベースのポリマーは従来のものと変わらず実際に使えることを自社テストで実証しており、徐々にその比率を上げていく。またポリウレタンに関しては調査、研究結果を待っている段階」と説明した。

さらにボラーニョ会長は「十分な投資に行ってさらなるCO2排出削減を目指していく。その結果として環境への負荷を減らしていく」とも話していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日産、容赦なさすぎの「系列」完全解体完遂へ...最大の部品会社切り、IT企業と連携強化
安全性の違いに驚きの声! アメリカ産対メキシコ産の日本車が正面衝突
ブレーキと間違えアクセル踏み込んでも急発進せず 「ペダルの見張り番」
47歳、勤続15年でも年収360万円。真面目に働いても年収が上がらない“稼げない病”とは?
“ワンオペ”で叩かれた「すき家」のいま
  • このエントリーをはてなブックマークに追加