平昌五輪 日本勢がメダルラッシュ W表彰台も

平昌五輪 日本勢がメダルラッシュ W表彰台も

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/02/15
No image

平昌(ピョンチャン)オリンピックでは、渡部暁斗(29)が銀メダル、女子スピードスケートでは史上初のダブル表彰台です。

ノルディック複合個人ノーマルヒル、ソチオリンピックで銀メダルの渡部。前半のジャンプは3位に付けます。そして、後半のクロスカントリー10キロ。渡部はトップと28秒差でスタートします。4キロ付近でトップに追い付くと、最後の上り坂で離された渡部はソチに続き、フレンツェルに敗れましたが、2大会連続で銀メダルを獲得しました。
渡部暁斗:「金メダルを取れそうだったというのもあるし、自分で(金メダルを)取るって宣言していたのもあるし、悔しいのが半分という感じですかね」
スピードスケート女子1000メートル。今大会2つ目のメダルをかけて、まず登場したのが高木美帆(23)。高木は中長距離で鍛えた持久力で、伸びのある滑りを見せてメダル圏内の2位に付けます。続いて登場したのが、1000メートル世界記録保持者の小平奈緒(31)。日本の主将を務める小平が銀メダル。そして高木が銅メダルを獲得し、日本女子スピードスケート史上初のダブル表彰台となりました。
小平奈緒:「もう一段、高い所で(高木と)2人で並べたら最高だったんですけど、残すはお互いあと1種目なので、それぞれの舞台でしっかり実力を出し切れたらいい」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
美黒グラドル橋本梨菜、日焼け跡のグラデーションが超セクシー
人助けよりSNS優先......目前で男に襲われ泣き叫ぶ少女を放置して動画撮影する人々
糖尿病予備軍かも!? やってはいけない生活習慣6【糖質制限の基本】
「一定間隔でドン、ドン! 上の階からだと思ったら、原因は下の階の『ある遊び』で...」(福岡県・50代男性)
大杉漣さん妻 亡くなる当日の心境明かす「千葉への車中で覚悟はできていました」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加