福山雅治が細田守「未来のミライ」に出演、物語の鍵握る青年役

福山雅治が細田守「未来のミライ」に出演、物語の鍵握る青年役

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2018/05/09

細田守の最新作「未来のミライ」に福山雅治が出演していることがわかった。

No image

福山雅治

すべての写真を見る(全17枚)

No image
No image

「未来のミライ」は、4歳の男児くんちゃんと未来からやってきた妹ミライちゃんという不思議な“きょうだい”の物語を描く劇場アニメ。福山は、くんちゃんが時を超えた旅先で出会う青年に声を当てる。かねてから親交のあった細田と福山。本作のキーパーソンである青年役のオーディションが難航する中、細田は福山の人間性と青年のイメージが重なることに気付きキャスティングを決めたという。

No image

カメオ出演を除き、アニメーション映画に声優として本格的に出演するのは本作が初めてとなる福山。彼は「歌うということを仕事にしながらも、声で役を表現することはほぼ未経験なので、現場では恥ずかしながらすべてに緊張し、そしてすべてに刺激を受けました」と収録を振り返り、「年齢を重ねたことで忘れてしまっていた子供ならではの繊細な感受性を、丁寧に、かつ高度なアニメーション技術で表現されている今作品の完成を、これまで通り細田監督のいちファンとして心待ちにしています」と述べた。

「未来のミライ」は7月20日より全国でロードショー。本作は現在開催中の第71回カンヌ国際映画祭の監督週間と、フランス現地時間6月11日から始まるアヌシー国際アニメーション映画祭の長編コンペティション部門に出品されている。

福山雅治 コメント

今回、細田監督作品の住人になれる機会をいただけたことを大変嬉しく思います。
収録前に、まだ絵も音も完成してない映像資料を観させていただきましたが、その段階ですでに、心引き込まれ感動出来るこの作品が持つ力に驚きました。
歌うということを仕事にしながらも、声で役を表現することはほぼ未経験なので、現場では恥ずかしながらすべてに緊張し、そしてすべてに刺激を受けました。
僕が年齢を重ねたことで忘れてしまっていた子供ならではの繊細な感受性を、丁寧に、かつ高度なアニメーション技術で表現されている今作品の完成を、これまで通り細田監督のいちファンとして心待ちにしています。

(c)2018スタジオ地図

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
オダギリジョー主演『イアリー』黒島結菜、イッセー尾形らキャスト追加発表
生田斗真×瑛太『友罪』は「ハッキリ言って問題作」キャストや見どころを徹底解析
ハリウッド版『ゴジラ2』米公開後ろ倒し!
「村上隆×ドラえもん」ユニクロでコラボ! 絵柄のぬいぐるみも可愛い
5月25日の注目映画第1位は『傀儡』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加