コウチーニョ、「バルサで幸せ」発言も10年前は「世界一はレアル・マドリー」

コウチーニョ、「バルサで幸せ」発言も10年前は「世界一はレアル・マドリー」

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2018/01/11
No image

バルセロナに新加入するMFフィリッペ・コウチーニョ【写真:Getty Images】

バルセロナに1億6000万ユーロの移籍金で加入したブラジル代表MFフィリッペ・コウチーニョだが、10年前にはライバルチームのファンであったようだ。ペルー紙『ラ・レプブリカ』など複数のメディアが伝えた。

史上2番目の移籍金でバルセロナに加入したコウチーニョは、入団会見で「とても幸せだ」とコメント。自身にとっての大きな夢がかなったことを喜んだ。

しかし、現在から約10年前の2008年に行われたスペイン紙『マルカ』のインタビューでは、コウチーニョは全く異なるコメントを残している。「目標のクラブはどこか」という質問に対し同選手は「レアル・マドリーだよ。なぜなら世界一のクラブだからね」とコメント。ともにインタビューを受けたブラジル代表FWネイマールも同じような返答をしていたようだ。

これに対し、バルセロナファンは様々な反応を示している。コウチーニョの矛盾した発言を批判する人もいれば、これを過去のことと割り切りこれからの活躍に期待する人もいるという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
エイバル乾、2年の契約延長へ 連動性を評価と現地紙報道「重要視している優先事項」
マインツFW武藤嘉紀、嫌な流れ断ち切る2ゴール
武藤、見事な2ゴールでマインツ快勝の立役者に! 2試合連続弾で今季通算6点目
ダービー勃発?アーセナルがルーカスに興味...本人もプレミア移籍を示唆
ドイツ11年目、34歳の長谷部誠「これからも新しい発見を求めていきたい」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加