「こち亀」平成最後のテーマは「令和」と「Vチューバー」

「こち亀」平成最後のテーマは「令和」と「Vチューバー」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2019/04/23

秋本治氏の人気漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の新作21ページが、同作の再編版シリーズの最新巻「平成こち亀 3年1~6月」で発表される。4月26日発売。

No image

「平成 こち亀 3年1~6月」の表紙(C)秋本治・アトリエびーだま/集英社

「こち亀」は2016年9月に「週刊少年ジャンプ」での連載を終了したが、1年後の2017年9月と、同誌が創刊50周年を迎えた2018年7月に新作読み切りを発表しており、今回が“平成最後のこち亀”となる。

再編版シリーズでの新作描き下ろしは今回が初めてで、秋本氏は「久しぶりの『こち亀』なので、今ブームのVチューバーや新元号をテーマにしたり…ここでは伝えきれないぐらいネタが盛りだくさんです。どうぞ皆さん、『こち亀』の新作をお楽しみ下さい」とコメントしている。

再編版シリーズは、週刊少年ジャンプで1976年(昭51)から連載された「こち亀」を掲載時期ごとにまとめ、コンビニエンスストアなどで販売。今回は1991年(平3)1~6月に掲載された24作をまとめたもので、518ページの大ボリュームとなっている。税別580円。平成3年の出来事を「こち亀」に絡めて振り返る「平成3年 両さんの勝手にTOP3」や、「秋本治の制作秘話」などの企画もある。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

漫画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ギャル×身元不明な少年のSFアクション「亜童」月刊ヤンマガでスタート
「ダンキラ!!!」池ジュン子、藤原ヒロ、弓きいろが描く全15キャラのマンガ詳細
天才少年の秘密とは?「デビリーマン」福田健太郎の将棋マンガがジャンプで
オタク男子、乳首にボタンが付いた美少女を拾う?足立たかふみのロボットマンガ
日本上空にシュールな“うちゅうじん”が現れる新連載、あとがきに女子高生
  • このエントリーをはてなブックマークに追加