最新ランキングをチェックしよう
建設中に決壊したラオスのダムは、日本の資金によるものだった――韓国叩きに終始するメディアが報じるべきこと

建設中に決壊したラオスのダムは、日本の資金によるものだった――韓国叩きに終始するメディアが報じるべきこと

  • ハーバービジネスオンライン
  • 更新日:2018/08/22

ダム建設に韓国企業が加わっていたことで、韓国叩きの“燃料”に
ダムの決壊で村が水没、家の屋上に避難した住民たち。(写真/時事通信社) 今年7月、東南アジアのラオスで起きたダム決壊事故。メコン河の支流セコン川水系に建設中のセピアン・セナムノイ・ダムの貯水池に設置した補助ダムが崩壊し、あふれ出た膨大な水が下流の6 の村を直撃。のべ13の村が浸水する大惨事となった。

 現地報道によれば、数十人が死亡

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
300万円踏み倒し“芸人”が特定! 坂上忍の番組に「やりすぎ」の声
急な割り込みをしてきた車が何度も危険な急ブレーキで挑発した末、ドライバーが降りてきた!通報したものの、警察のテキトーな対応も物議
韓国政府のアンケート結果「外国人の80%が韓国に好感、一方で日本人はわずか20%」=中国メディア
借金300万円を踏み倒し開き直る元芸人に怒りの声殺到 「クロちゃんがマシに見える」
「純烈」リーダーが未成年交際!? 他メンバーのスキャンダルも続々飛び出す可能性が......
  • このエントリーをはてなブックマークに追加