最新ランキングをチェックしよう
建設中に決壊したラオスのダムは、日本の資金によるものだった――韓国叩きに終始するメディアが報じるべきこと

建設中に決壊したラオスのダムは、日本の資金によるものだった――韓国叩きに終始するメディアが報じるべきこと

  • ハーバービジネスオンライン
  • 更新日:2018/08/22

ダム建設に韓国企業が加わっていたことで、韓国叩きの“燃料”に
ダムの決壊で村が水没、家の屋上に避難した住民たち。(写真/時事通信社) 今年7月、東南アジアのラオスで起きたダム決壊事故。メコン河の支流セコン川水系に建設中のセピアン・セナムノイ・ダムの貯水池に設置した補助ダムが崩壊し、あふれ出た膨大な水が下流の6 の村を直撃。のべ13の村が浸水する大惨事となった。

 現地報道によれば、数十人が死亡

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
軽自動車には機能や装備の割に安い「買い得グレードの価格帯」がある
暗黒卿ダースベイダー化しちゃった尾上菊之助!! おっさんずラブも乱れ咲く『下町ロケット』第5話
ANA、マイレージ上級会員へのプレエコ無料アップグレード廃止
利回り7%も? アジアの投資家が注目する「オルタナティブ不動産」とは
ドコモたちまち値下げ発表。菅官房長官が明かした携帯大手3社の「不都合な真実」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加