最新ランキングをチェックしよう
建設中に決壊したラオスのダムは、日本の資金によるものだった――韓国叩きに終始するメディアが報じるべきこと

建設中に決壊したラオスのダムは、日本の資金によるものだった――韓国叩きに終始するメディアが報じるべきこと

  • ハーバービジネスオンライン
  • 更新日:2018/08/22

ダム建設に韓国企業が加わっていたことで、韓国叩きの“燃料”に
ダムの決壊で村が水没、家の屋上に避難した住民たち。(写真/時事通信社) 今年7月、東南アジアのラオスで起きたダム決壊事故。メコン河の支流セコン川水系に建設中のセピアン・セナムノイ・ダムの貯水池に設置した補助ダムが崩壊し、あふれ出た膨大な水が下流の6 の村を直撃。のべ13の村が浸水する大惨事となった。

 現地報道によれば、数十人が死亡

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
蒸し返される“大麻スキャンダル”...『嵐』大野智が逮捕されない理由とは
夏目三久、石坂浩二、ミッツ... テレビ番組の“闇が深い”降板劇
元KARAのハラさん自殺図り意識不明...韓国メディアが報じる
大放送事故!ナイナイ矢部浩之“落馬&下敷き”で病院直行の驚愕映像
38万円のセルシオと新車のワゴンR。2年乗ったらどっちが得だった?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加