風間監督の意思を継ぐ〝鬼木新体制〞の指針とは

【川崎】風間監督の意思を継ぐ〝鬼木新体制〞の指針とは

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2016/12/01
No image

大久保の移籍が決定的な前線には補強が必要だろう。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

No image

来季から川崎の指揮を執る鬼木コーチ。写真:田中研治

来季、新監督に就任する鬼木コーチは、どのようなサッカーを目指すのか。指揮官への昇格が発表された11月7日、取材陣の質問に応じた鬼木コーチは次のように述べた。

「鹿島で培ったものもあるし(現役時代は鹿島と川崎でプレー)、また新たにここ(川崎)で違うサッカーと出会った。そこを自分の中でしっかり整理して挑みたい」

つまりベースにあるのは鹿島時代に身に付けたもの――それは勝負にこだわり、粘り強く戦うというスタイルだろう。そこに川崎で学んだ 〝違うサッカー〞、いわゆる風間監督 が志向した〝パスをつないで攻撃的に仕掛けるスタイル〞を融合させたものが、鬼木コーチの理想の形なのかもしれない。

そもそも風間監督の退任が正式発表された10月12日に、庄子春男GMは「今のスタイルを継続できる指導者を探さないといけない」と語り風間スタイルの継承を最優先事項に挙げていた。

その指針のもとに強化部は、来季の監督として鬼木コーチの内部昇格を決定している。風間監督のサッカーを継承できると判断した根拠について、庄子GMは「(コーチとして風間監督と)5年間一緒にやってきている。それが大きな理由」と説明した。

また鬼木コーチ自身も「クラブから風間さんのサッカーを継承してほしいと要請されたが、私自身にも、この魅力あるサッカーをどうにか続けていきたい、なくしてはいけないという想いがあった」と語っている。

では、鬼木コーチはどこまで風間監督の考えを理解しているのか。それは日々の選手たちとの関わり方から見えてくる。例えば、谷口彰悟はこう証言する。「コーチとして、いろんなアドバイスをくれる存在。間違いなく(風間監督のサッカーを)理解していると思います。監督には訊けないようなことも、オニさん(鬼木コーチ)には訊けますし、気付いたことがあると、映像を見せながらプレーの指導もしてくれます」

選手たちが、〝風間理論〞をより深く知ろうとした時、その手助けをするのが鬼木コーチなのだ。 長谷川竜也も、風間監督の下で自身の能力をどのように生かすべきか、鬼木コーチから助言をもらったと振り返る。「風間さんが話すことにプラスアルファして、選手として大事にすべきことを伝えてくれます。自分の特徴を客観的に見て、もっとこうしたほうがいいんじゃないかと、的確に指摘してくれますね」

監督が大局を語る立場なら、コーチは監督の理論を選手個々に落とし込む役割を担う。鬼木コーチに関して言えば、指揮官の良き右腕となって、その役割を上手くこなしている。

ちなみに鬼木コーチは気さくな一面も持っており、クラブハウスで選手を取材していると、その様子を茶化すことがある。そうした日常を見ていると、谷口の「表現が合っているかは分からないですが、絡みやすいというか話しかけやすいですし、選手の声をしっかり聞いてくれます」との言葉にも大きく頷ける。

ただ、来季のチーム編成については、なかなか口を開かない。というのも、新監督である以前に、今は風間監督とともにタイトル獲得を目指す立場にいるからだ。すでにチャンピオンシップは敗退してしまったが、まだ天皇杯が残っている。

なお、今オフに強化部が補強ポイントとして挙げているのが、FWとDFだ。特にFWに関しては大久保嘉人のFC東京への移籍が決定的。また、新しいコーチングスタッフをどれくらいで固められるかも不明だ。あるいは、鬼木体制が軌道に乗るまでには予想以上に時間 が掛かるかもしれない。

文:江藤高志(川崎フットボールアディクト編集長)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ザック「本田はサイドの選手ではない」恩師が語る“取扱説明書”
L・スアレス先制弾&メッシ2発!! バルサ、最下位オサスナ撃破で4戦ぶり白星
バルサが4戦ぶり白星! スアレス&メッシ弾で最下位オサスナに完封勝利
地上178メートルからのシュートに成功!58階建てのビルから放った超ロングショットがすごい
バルサ、リーガで4試合ぶり白星。スアレス先制点&メッシ2発で快勝

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

おすすめの特集

おもしろい・役立つ記事をピックアップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加