広島・岡田は6回4安打1失点 11勝目権利得て降板

広島・岡田は6回4安打1失点 11勝目権利得て降板

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/15
No image

力投する岡田

「広島-巨人」(13日、マツダスタジアム)

広島の先発・岡田明丈投手が、6回4安打1失点(自責点0)で交代した。

初回、先頭の陽岱鋼に中越え三塁打を許したが、後続を2者連続三振などに仕留めて無失点で切り抜けた。

その後は、150キロ超の直球を軸に安定感抜群の投球を披露。4-0の六回には、安打と失策で無死三塁のピンチを迎えた。続く、マギーに中前適時打を許して1失点。1死一塁の場面では2000安打に王手をかけている阿部を二ゴロ併殺打に抑え、最少失点に切り抜けた。六回の攻撃で代打・バティスタが告げられ、勝利投手の権利を得て交代となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
骨折のオリックス・西、中継ぎ陣の負担考え続投...ブログで心境吐露
東海大菅生、九回執念の同点劇実らず...元中日の若林監督、雪辱誓う
オリックス・西が打球を受けて交代 二回からは金田がマウンドへ
23日の予告先発 ホークス石川VS西武岡本、楽天美馬は初2桁勝利にを王手
  • このエントリーをはてなブックマークに追加