久保建英、衝撃ミドルでリーガ初得点! 2人抜きドリブルでPK奪取、3-1快勝の“主役”演じる

久保建英、衝撃ミドルでリーガ初得点! 2人抜きドリブルでPK奪取、3-1快勝の“主役”演じる

  • Football ZONE web
  • 更新日:2019/11/10
No image

マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】

ビジャレアル戦に右サイドハーフで先発 前半でPK2本に絡み、後半に待望の初ゴール

マジョルカの日本代表MF久保建英は10日、リーガ・エスパニョーラ第13節の本拠地ビジャレアル戦に2試合連続で先発出場。前半2本のPK奪取に絡むと、後半8分には目の覚めるようなミドルシュートを叩き込みスペイン移籍後初ゴールをマークするなど、3-1での快勝に“主役”として貢献した。

久保は3日に行われた前節の敵地バジャドリード戦(0-3)に続き、2試合連続でスタメンに名を連ねた。雨で濡れたコンディションのなか、本拠地ソン・モイシュのピッチに立った久保は右サイドハーフとしてプレー。マジョルカが4試合ぶりの勝利を目指すなか、久保も攻守に積極的な姿勢を見せていく。

すると前半11分、久保が左CKのキッカーを務めると、中央に蹴ったボールは一度相手に跳ね返される。そのボールを左サイドで拾った久保は、ペナルティーエリア内で鋭いドリブルから2人を抜くと、ビジャレアルMFビセンテ・イボーラに倒されPKを獲得。これをFWラゴ・ジュニオールが決めてマジョルカが幸先良く先制した。

久保はその後も右サイドで攻撃の起点となる。同17分にはゴール前に右足で際どいクロス、3分後にはオフサイドとなったものの、巧みなボールタッチからのスルーパスで相手最終ラインを揺さぶっていく。

そして同21分、再び久保が輝きを放つ。マジョルカのビルドアップから、右サイドのセンターライン付近でMFダニ・ロドリゲスから縦パスを受けると、左足のバックヒールでダイレクトで落とし、ロドリゲスのドリブル突破を導く。最後はMFアレックス・フェバスがビジャレアルGKセルヒオ・アセンホに倒され、この日2本目のPKを獲得。これをロドリゲスが決めて2-0とした。

2本のPK奪取に絡んだ久保の勢いは、後半も止まらない。同4分にPKでビジャレアルに1点を返されるも、同6分には左サイドからのクロスに素早く反応するも、ファーサイドでわずかに合わせられない。

だがその直後の同8分に待望の瞬間が訪れる。敵陣右サイドからドリブルで持ち込んだ久保は、そのまま中央にポジションを取ると、MFアレックス・フェバスからフリーでパスを受け、ペナルティーエリア手前から左足を一閃。鋭く放たれた一撃はゴール右隅に突き刺さり、スペイン移籍後初ゴールが生まれた。

久保はその後も攻守に機能し、3-1とリードしたまま後半22分に交代。試合はそのまま終了し、17位に沈んでいたマジョルカは久保の主役級の活躍もあって、4試合ぶりの白星を手にした。(Football ZONE web編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
怒声・罵声禁止、練習時間短縮、お茶当番「やる意味がない」 少年野球界に新風
日本代表戦観戦の神戸FWビジャ、16歳年下の元同僚との“再会ユニフォーム交換”に感激
中村俊輔、英メディア特集“忘れられたベスト11”でトップ下選出 助っ人Jリーガーの名も...
EURO2020予選終了、本大会出場を決めた20か国の顔ぶれは?
【ハイライト動画あり】スペインが逃げ切り、ベスト8進出。FIFA U-17ワールドカップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加