イニエスタ欠場を漏洩した高橋峻希が謝罪「自覚の甘さが招いた行為であり、弁解の余地はありません」

イニエスタ欠場を漏洩した高橋峻希が謝罪「自覚の甘さが招いた行為であり、弁解の余地はありません」

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2018/10/12
No image

高橋は「一人の社会人として自覚を持ち、気を引き締めて日々過ごしてまいります」と語った。写真:徳原隆元

メンバー情報の漏洩でクラブから1か月(9月24日から10月23日)の謹慎処分と、Jリーグからけん責の制裁を受けたヴィッセル神戸の高橋峻希が12日、神戸公式HPで謝罪のコメントを発表した。

高橋は9月23日に埼玉スタジアム2002で行なわれたJ1リーグ27節の神戸対浦和レッズ戦のメンバー発表前に、知人にLINEを通してイニエスタ出場の有無を問われ、同じくLINEを通して「出ないよ!」と返答。この事実が、クラブによる本人への聞き取り調査と外部弁護士による調査によって確認され、今回の処分に至った。なお、高橋が当該情報を漏洩することにより何らかの利益を享受する、または対戦相手を利する等の不正な意図があったものとは認められなかったという。

高橋のコメントは以下のとおり。

「この度の私の軽率な行為により、Jリーグ、ヴィッセル神戸をはじめとする関係者の皆様、ならびにファン・サポーターの皆様に多大なご迷惑、ご心配をおかけしましたことを心より深くお詫び申しあげます。選手として、社会人としての自覚の甘さが招いた行為であり、弁解の余地はありません。

今後は、二度と同様の行為を繰り返さないよう選手として、一人の社会人として自覚を持ち、気を引き締めて日々過ごしてまいります。失った信頼を回復できるよう日々務めていきますので、これからもよろしくお願いいたします。

改めまして、この度は、誠に申し訳ございませんでした」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
10/19(金)の柏対名古屋のパブリックビューイングをイオンモール大高店で開催!抽選でサイン入りユニホームが当たる
浦和、大宮、西武がベンチャーサービス導入も スポーツをビジネスで使う
J1鳥栖、トーレス特別扱いしない 20日仙台戦で初采配の金コーチ競争あおる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加