麻薬密売組織関与疑惑で米から制裁のラファ・マルケス、メキシコ側は支持

麻薬密売組織関与疑惑で米から制裁のラファ・マルケス、メキシコ側は支持

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2017/08/11
No image

ラファエル・マルケス【写真:Getty Images】

メキシコサッカー連盟とメキシコ1部リーグのアトラスは、DFラファエル・マルケスをサポートする立場をとることを明らかにした。

メキシコ代表の主将を務め、かつてはバルセロナでプレーした経験もあるマルケスは現在、麻薬密売組織に長期的に関与しているとの疑いでアメリカ財務省が9日に制裁の対象とした。

代表の重鎮に対する制裁発表で、メキシコサッカー界には激震が走っている。現地時間10日、メキシコサッカー連盟はこの一件についての立ち位置を明確にする声明を出した。

「我々はラファエル・マルケスのキャリアを称えている。彼は20年にわたってメキシコ代表の象徴的な存在だった。常にリーダーシップを発揮してきて、幾度も国際的な舞台で素晴らしい姿勢を示してきた」

ただし、「メキシコサッカー連盟とリーガMXは、法律やルールを完全に尊重する団体だ」ともしており、当面は静観する姿勢だ。

現在38歳のマルケスは、メキシコ代表として142試合に出場してきた同国のレジェンド。麻薬密売組織への関与は事実なのだろうか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
レアル至宝 苦情の決断迫る
バルセロナ加入のパウリーニョ、入団会見で鮮やかな足技披露 クラブが動画を公開
マンUが33歳ロッベン獲得を検討か...モウリーニョと再タッグの可能性も
ヘタフェ指揮官が柴崎岳の起用と代表招集に言及「唯一気がかりなのは...」
帰ってきた“バッドボーイ”...フランク加入のK・P・ボアテングが抱負
  • このエントリーをはてなブックマークに追加