ロッテ藤岡裕大が小学校訪問「これからも積極的に」

ロッテ藤岡裕大が小学校訪問「これからも積極的に」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/04/17
No image

小学1年生にランドセルカバーを贈呈したロッテ藤岡裕(後列右)

ロッテのドラフト2位、藤岡裕大内野手(24=トヨタ自動車)が17日、千葉市立真砂東小を訪問し、新1年生60人に特製ランドセルカバーを贈呈した。

カバー配布は今年で7年目で、千葉市内の34校と球場で約3000枚を無償配布するもの。球団マスコットのマーくん、リーンちゃんが手を挙げて横断歩道を渡るデザインで、藤岡裕は「これをしっかり付けて、交通事故にあわないように通学してほしい。今日帰ったら、お父さんとお母さんに千葉ロッテの応援に行きたいなと伝えてほしいと思います」とあいさつした。

体育館入場時には男児から「たかひろさーん!」と声援がとび、同姓の藤岡貴裕投手(28)と間違えられるハプニングも。マーくんへの歓声のほうが大きかったこともあり「まだまだですね」と苦笑い。「僕が小学生のころもプロの選手が野球教室で来てくれた。これからイベントにも積極的に参加して、いい思い出をつくってもらえるように。活躍して自分を知ってもらえるように頑張りたい」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
メジャーではありえない!?高木菜那のノーバン始球式で見えた光景とは
ハム高梨、わずか91球の完投勝利に自身も驚嘆「奇跡ですね」
大谷 “先輩だから”日本でプレー元助っ人にあいさつ
DeNAロペスにビール1年分 キリン看板直撃弾で
森監督、屈辱大敗に「バスケットでもやってたのか」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加