最新ランキングをチェックしよう
歌舞伎町から夢の国まで... 防犯技術の進化で日本が“超監視社会”に

歌舞伎町から夢の国まで... 防犯技術の進化で日本が“超監視社会”に

  • AERA dot.
  • 更新日:2017/12/06

街中や駐車場にも…高性能化が進み、顔を照合して特定の人物を追うことも可能だ(撮影/写真部・片山菜緒子)

“監視社会”は急速に膨張している。その象徴が、至るところに設置されている「防犯カメラ」だ。街角、駅、店舗、オフィス、マンション……。今や、全国で300万台以上もの防犯カメラが稼働しているといわれており、あらゆる場所でカメラの「目」が光っている。【図版】増え続ける防犯カメラの台数と市場規模はこち

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
<猫バンバンは大事>猫が車に入り込むトラブル、1月に19件の救援依頼が発生 車内で猫が出産していた事案も
確定申告する人は必読!税務調査で調査官を論破&勝利したギャンブラー
「原発動くはずだったのに」東通村長、支援求める
高速であおり運転 停車させ男性を“模造刀”で殴る
左手にスマホ右手に飲み物で左耳にイヤフォンのまま自転車に乗り77歳女性を死なせた女子大生に怒りの声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加